白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

大学院法学研究科

教員専修免許状
取得プログラム

■ 教員専修免許状取得プログラムとは

白鴎大学大学院法学研究科では、高度な専門的技能を有する学校教員の育成をねらいに、法学修士の学位と教員専修免許の取得を目的とする「教員専修免許状取得プログラム」を開設しています。このプログラムで教育を受け、研究をした人たちの中から多くの中学校、高等学校の教員を輩出できるようめざしています。

■ 教員専修免許とは

すでに大学(学部)において、中学校教諭一種免許状(社会)・高等学校教諭一種免許状(公民)を取得している人が大学院に進学し、所定の単位を修得し、修士の学位を有することで専修免許を取得することができます。
また、若干の単位不足によって上記の一種免許状の取得にいたらなかった場合、大学院に在籍しながら本学(学部)の教職関連科目を取得することで、一種免許と専修免許の両方を取得することができます。
(一種免許状未修得者の本プログラムにおける受験資格の確認については、出願前に0285-20-8101までお問い合わせ下さい。)
専修免許は高度の学識と技能を持つ教員を育成するために設けた資格で、教育の高度化にともない今後ますます需要の高まる教員免許資格として注目されています。

■ 教員専修免許取得に必要な単位修得について

法学研究科の科目のほとんどは専修免許取得に必要な「教科に関する科目」として設定されており、大学院での研究を続けながら無理なく専修免許取得ができます。
  (注)専修免許状の取得についての概要は、『教員専修免許状取得プログラム(詳細)』をご覧ください。
『教員専修免許状取得プログラム(詳細)』

■ 平日夜間などにJR小山駅前のキャンパスで授業

教員専修免許状取得プログラムの授業は、働きながら学びたい人のために、フレックス・タイム制(昼夜時間選択開講制)をとり、平日の夜間帯PM6:05~9:15、土曜日などに行っています。JR小山駅前にある東キャンパスの教室で開講しています。社会人入試、一般入学試験(4月入学)に加え秋季入学試験(9月入学)を実施しています。
一般入学試験(4月入学)

■ 現職教員向け選考では筆記試験を免除

一般の選考は、筆記試験と口述試問ですが、社会人選考では筆記試験を免除します。今度の入試は平成29年9月入学の入試になります。入学願書はオンラインないし電話などにより無料で請求でき、事務局でも配付しています。その日程は次の通りです。

出願期間 秋季入試 平成29年8月1日(火)~8月4日(金)必着
願書請求 オンライン:白鴎大学HPの資料請求フォームに入力
電子メール:nyushi@ad.hakuoh.ac.jp
窓口:本校舎入試部または東キャンパス事務室(日・祝・休業中を除く)
入試手続のお問合せ:[入試部:0120-890-001]
授業内容のお問合せ:[東キャンパス事務室:0285-22-8900]
試験日 平成29年8月26日(土)
合格発表 平成29年9月1日(金)
試験会場 白鴎大学東キャンパス(小山市駅東通り2-2-2) JR小山駅東口下車1分
試験概要 筆記試験:外国語1科目と専門科目1科目、または専門科目2科目
口述試問:研究計画書および専門科目答案を中心に実施
≪社会人選考(実務経験2年以上)≫
筆記試験を免除、口述試問では研究テーマに関する基本事項を質問
検定料 3万円