• HOME >
  • 大学紹介 >
  • 白鴎大学の理念|建学の理念・教育目標

建学の理念・教育目標

白鴎大学の建学理念を具現化する言葉

〜 PLUS ULTRA(さらに向こうへ)〜
これは、初代学長上岡一嘉の開学式における「高く広い視野に立って、たった一度の人生に情熱的にチャレンジして欲しい」というメッセージを具体化する言葉で、本学の建学の理念を表すキャッチフレーズとなっている。

PLUS ULTRA

建学の理念

本学の建学の理念は、次の4項目により表現される。

  1. 永久に新しい、また永久に若き情熱の学府として、二十一世紀の社会の発展と地域の産業、経済、文化等の活性化に貢献する。
  2. 激変する国際社会において、現状を的確に見定めるとともに、長期的で広い視野に立って将来を展望し、考え、行動できる人材を養成する。
  3. 本格的な高度情報化、国際化社会を迎え、二十一世紀の日本を担う中核として活躍できる人材を育成する。
  4. 進んで異文化を積極的に研究すると同時に、最新の情報を的確に入手し、それらを活用できる体制を作り上げる。

教育目標

本学の教育目標は、次の4項目により表現される。

  1. 激動する国内外に適応し、積極的に協調し、貢献できる語学力とコミュニケーション能力を養うこと。
  2. 洞察力を磨き、習得した専門知識を統合し、問題解決型の行動力を養うこと。
  3. 教員と学生の人間的ふれあいを重視するとともに、各分野にわたる最新のコース別講義体系、相互討論などを通じ、十分な思考力と多様な個性を育成すること。
  4. 知・徳・体を備えた人格形成に努めるとともに、自らの判断、努力と責任に基づいて、国内外社会に積極的に貢献できる強靭な精神を養成すること。

経営学部の教育目標

白鴎大学の最初の学部である経営学部の教育目標は、白鴎大学の教育目標を経営学の教育研究分野において具体化したものである。

  1. 国際化時代に即応し、幅広い国際性、高い語学力とコミュニケーション能力を身につけ、世界に雄飛する指導的人材の育成をめざす。
  2. 最新の経営知識、広い視野、創造性、実践力を兼ね備え、産業・経済界に活躍し得るビジネスリーダーを育成する。
  3. 地域の中小企業経営の担い手として地域社会の発展に貢献し得る指導的人材を養成する。
  4. 情報ネットワーク、マルチメディア、会計システムを高度に活用できるスペシャリストを育成する。

法学部の教育目標

急激に変化する社会情勢と21世紀を展望するとき、我が国は今後一層の経済の拡大・発展を始め、世界における日本の地位の確立と文化的向上が求められている。また科学技術の革新、産業構造の変革及び情報化等が一層加速していくとともに、社会の高度・複雑化等に伴い、従来の法律では律しきれない新たな問題、例えば、環境問題、知的所有権問題、情報開示問題等が生起し、これらの問題に対処していくためには、人類の福祉と平和の維持・確保の観点から国内外の法律に通暁し、専門的、実践的な法的知識と行政・立法・政策立案の能力等を併せ持つ人材の養成が強く求められている。
白鴎大学法学部はかかる要請に応えるため、最新の法的知識とより高度な外国語知識を学生に与え、広い視野に立って国際レベルで産業経済界及び地域社会に貢献できる人材の育成を志向するが、隣接諸科学の知識を併せ持った幅広い法的思考力と国際感覚及び健全な常識を身につけた自主的な社会人の育成を教育目標とする。

教育学部の教育目標

教育学部の目的は、第1に優秀な人材を育成し彼らを教育界に送り込むことであり、第2に人の成長・発達に関連する職業さらにはそうした職業群に人材を送ることである。そして第3の目的として、「地域に有用な人材」を育て、地域の発展に貢献することを掲げている。つまり、単に都市部の発展に貢献するだけではなく、地方、地域の発展、躍進に役立つ人材を育成し、地域の生活・文化の向上に貢献することを目的としている。
また、本学部は将来教育職もしくは人の成長・発達に関連する分野への就職を希望する学生が多いことから、以下を教育目標としている。

  1. 大学生としての幅広い基礎学力をつけさせ、同時に強靭な精神力を養うこと。
  2. 学習では教養と専門的知識とのバランスをとり、十分な思考力と多様な個性を育成すること。
  3. 口先だけでなく実際に行動できる実践的な力量(実践的な指導力)をつけさせること。
  4. 生きた英語の語学力を向上させ、コミュケーション能力を高めること。
  5. 地域社会とともに歩み、地域社会に貢献する姿勢を育むこと。

このページのトップへ