• HOME >
  • 大学紹介 >
  • 自己点検・取り組み|公的研究費に係る研究活動における不正行為への対応

公的研究費に係る研究活動における不正行為への対応

白鴎大学公的研究費に係る研究活動における不正行為への対応等について

 平成26年8月26日文部科学大臣決定として「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」が公表されました。
 このことを踏まえて、本学における公的研究費の適正な管理・監査を行うため、「白鷗大学公的研究費に係る研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」を定めましたので公表します。

対象とする研究活動

 対象とする研究活動は、国、地方公共団体又はこれらが所管する独立行政法人等から配分される科学研究費補助金などの公募型の競争的研究資金、私学助成等の基盤的経費及びその他の文部科学省の予算の配分又は措置により行われる全ての研究活動とします。

対象とする研究者

 対象とする研究者は、本学に所属する又は所属していた研究者とします。

対象とする不正行為

 対象とする不正行為は、故意又は研究者としてわきまえるべき基本的な注意義務を著しく怠ったことによる、投稿論文など発表された研究成果の中に示されたデータや調査結果等の捏造、改ざん及び盗用とします。これらを「特定不正行為」といいます。

用語の定義

⑴ ねつ造
 存在しないデータ、研究結果等を作成することをいいます。
⑵ 改ざん
 研究資料、機器及び過程を変更する操作を行い、データ、研究活動によって得られた結果等を真正でないものに加工することをいいます。
⑶ 盗用
 他の研究者のアイディア、分析・解析方法、データ、研究結果、論文又は用語を、当該研究者の了解又は適切な表示なく流用することをいいます。

研究活動管理及び運営体制について

最高管理責任者:学 長

 大学全体を統括し、研究活動の管理及び運営について最終責任を負います。また、研究活動における行動指針を定めるとともに、統括管理責任者および研究倫理教育責任者が責任をもって研究活動の管理を行えるよう適切にリーダーシップを発揮して不正行為の防止等に努めます。

統括管理責任者:副学長

 最高管理責任者を補佐し研究活動の運営及び管理について大学全体の実務を統括する実質的な責任と権限を持ちます。

研究倫理教育責任者:各研究科長、各学部長、各研究所長、図書館長、事務局長

 研究活動の管理及び運営等について責任と権限を持ち、統括管理責任者の指示の下、研究活動に関わる者を対象として、研究者の基本的責任、倫理規範、研究活動に対する姿勢などの行動規範及び研究活動に関して守るべき作法についての知識又は技術を習得及び習熟させることを目的とする教育(「研究倫理教育」)を定期的に実施します。

研究倫理教育副責任者:経営企画室

 研究倫理教育責任者を補佐します。

公的研究費に係る研究活動における不正行為に関して、機関内外からの告発を受け付ける窓口について

《告発受付窓口》  白鴎大学経営企画部 経営企画課
〒323-8585 栃木県小山市大行寺1117
TEL:(0285)-22-1111(内線504)
e-mail: keieikikaku@ad.hakuoh.ac.jp

ご注意

 告発は原則として顕名によるものとします。特定不正行為を行ったとする研究者・グループ、特定不正行為の態様など、事案の内容が明示され、かつ、不正とする科学的合理的根拠が示されていることを確認させていただくとともに、調査が必要な場合は通報された方にご協力をお願いすることがあります。
調査の結果、悪意に基づく虚偽の通報であると判断した場合には、通報された方に対する処置等も想定されますのでご注意ください。
 告発窓口において知り得た、告発者名、被告発者名、告発内容及び調査内容については、調査結果の公表まで、告発者及び被告発者の意に反して調査関係者以外に漏えいしないようにいたします。

このページのトップへ