白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

経営学部

経営学部について

▲クリックすると新しいウィンドウで開きます。

経営学部経営学科では、人・物・資本・情報など経営資源が国境を越える時代に対応し、新しいビジネスを創造できる人材を育成します。

学科の考え方

担当教員が4年間継続してきめ細かく学生を指導。

1年次必修となっている「基礎ゼミナール」は、ノートの取り方、論理的な文章の書き方、発表の仕方、図書館の利用の仕方など、大学での勉強の仕方を学ぶ授業です。大学での学び方の基本を身につけることで、学生はとまどうことなく大学生活に溶け込んでいけます。また、基礎ゼミナールを受け持った教員が、その後の3年間も担当教員として学生の指導にあたります。そうした深い付き合いをすることで、勉強面から生活面や進路のことまで、学生の特性を理解した上で、意欲的に過ごせるようにサポートしていきます。

ゼミナール中心の授業で実践力を磨く。

経営学部では、ビジネスの現場で求められているプレゼンテーション能力やチームで協力する力(コミットメント能力)を養成するために、ディスカッション形式で授業が行われるゼミナールを多く取り入れています。少人数で行われる授業だけに、一人ひとりが発言する機会が多く、プレゼンテーション能力が鍛えられます。また、グループ単位で取り組む課題もありますから、チームの一員としてメンバーと協力しながら物事を進める力、物事をやり遂げる力も自然に身につきます。

専門ゼミナールで関心を深め将来像をより具体化する。

2年次以降は、専門ゼミナールで研究を深めます。ここには企業、経営、会計、国際ビジネス、地域社会、ボランティア、コンピュータなど、多彩な研究テーマがそろい、学生はそれぞれの興味や関心に応じて選択します。ここで専門性を深めるとともに、将来の進路を具体化していくきっかけになる研究に取り組むことにもなります。また、専門ゼミナールは横断的に学べるよう5コースにまたがって開講されており、さまざまな立場、視点の意見を尊重しながら、問題解決を探っていく能力が身につきます。