白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

大学紹介 About HAKUOH

白鴎大学3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (卒業認定・学位授与に関する方針について)

白鴎大学は、国際的視野を持ち、各分野の学修によって得られた専門的知識を活かして社会の発展に貢献できる人材の育成を目標とし、
本学における教育を通して以下の能力を修得することをディプロマ・ポリシーとしています。

  • 1.二十一世紀の社会の発展と地域の産業、経済、文化等の活性化に貢献できる能力
  • 2.激変する国際社会の中にあって、十分な異文化理解のもとに、長期的で広い視野に立って将来を展望し、行動できる能力
  • 3.本格的な高度情報社会において、最新の情報を的確に入手し、それを有効に活用したうえで効果的に情報を発信できる能力
  • 4.自らの判断、努力と責任に基づいて、社会に積極的に貢献できる豊かな教養と柔軟な思考力

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針について)

白鴎大学は、ディプロマ・ポリシーに定める能力を身につけさせることができるよう、以下の方針に沿って教育課程を編成することをカリキュラム・ポリシーとしています

  • 1.激動する国際情勢に適切に対応し、積極的に国際貢献ができる確かな外国語運用能力と、他者と協調し相互理解を深めるためのコミュニケーション能力を養う。
  • 2.各分野にわたる最新の講義体系の採用により、専門知識の習得を充実させるとともに、社会的要請に応え得る情報教育を実施する。
  • 3.人間的ふれあいを重視した教員と学生の相互討論等を通じ、習得した専門知識に磨きをかけ、課題を適切に発見し、解決する力を養う。
  • 4.リベラル・アーツを重視しつつ、知・徳・体を備えた人格の形成に資する教育を行う。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

白鴎大学は、大学の建学理念を具現化する言葉 「PLUS ULTRA(さらに向こうへ)」の精神に沿った、チャレンジスピリット、パイオニアスピリットを有する入学者を受け入れることをアドミッション・ポリシーとしています。

(入学者選抜実施の基本原則)

本学では、次の二つの原則に則り入学者選抜を実施します。

  • 個人の尊重:入学希望者一人ひとりの個性を尊重した評価を行います。
  • 公平性:どのような境遇や背景のもとでも本学で学修できるように、経済的支援に配慮した選抜を実施します。

(入学者選抜評価の基本方針)

本学における学修に求められる基本的な資質能力及び潜在能力を、次の3つの観点から評価します。

  • 1.【知識・技能】基礎的・基本的な知識及び技能
  • 2.【思考力・判断力・表現力】知識及び技能を活用して思考し、判断し、表現する力
  • 3.【主体性・多様性・協働性】多様な人々と協働して主体的に学修に取り組む態度

(入学者選抜の方法)

本学では、各入学希望者の総合的な資質能力を個別・適正に評価するため、多様な方法で入学者選抜を実施します。

  • 1.推薦入試書類審査及び面接により、特に【主体性・多様性・協働性】を重視して総合的に評価します。スポーツ系及び文化系のクラブ活動、各種英語検定、生徒会活動等での優れた実績については特別に考慮します。
  • 2.学業特待入試入学後に経済的支援を行う入学生を選抜する独自の入試方法で、東北や関東を中心とする多くの会場で実施します。【知識・技能】を重視します。
  • 3.一般入試表現力の基礎となる言語運用能力を重視した「英語」「国語」の2科目の学力試験で、特に【知識・技能】及び【思考力・判断力・表現力】を評価します。東北・関東各地に試験会場を設け、広く実施します。
  • 4.センター単独入試大学入試センター試験の結果により評価することで、本学から離れた地域からの受験生にも配慮し、入学希望者の受験機会を幅広く確保します。特に【知識・技能】を評価します。

各学部・専攻ならびに研究科の「3つのポリシー」はこちらから