白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

法学部

教員紹介詳細

教員氏名 楪 博行(ユズリハ ヒロユキ)
職名 教授
最終学歴・学位 同志社大学大学院法学研究科博士後期課程・法学修士/アメリカ・デューク大学法科大学院・LL.M
専門分野 英米法、不法行為法
学協会活動 日米法学会、日本私法学会、日本法政学会、日本民事訴訟法学会、関西アメリカ公法学会
【主な著書・論文等】
「アメリカ民事法入門」第2版 勁草書房(2019年)
「クラス・アクションの研究」丸善プラネット (2018年)
「クラスアクション -その成立の背景」人間学部研究報告 11号(2008年)
「カナダにおける大規模不法行為損害賠償」外国学研究 80号(2011年)
「クラスアクションにおける当事者クラスを構成する要件-当事者の多数性と争点の共通性」人間学部研究報告 13号(2012年)
「クラス・アクションの要件」別冊ジュリスト・アメリカ法判例百選 有斐閣(2012年)
「アメリカにおける大規模不法行為損害の賠償」同志社法学64巻7号(2013年)
「イングランドにおける懲罰的損害賠償の成立背景と変遷」白鷗法学21巻1号(2014年)
「イギリスにおける大規模不法行為訴訟」白鷗大学法科大学院紀要8号(2014年)
「大規模不法行為訴訟の背景と法的影響」法政論叢50巻2号(2014年)
「大規模不法行為訴訟における連邦裁判所と州裁判所の協働」白鷗法学21巻2号(2015)
「アメリカにおける大規模不法行為訴訟での広域係属訴訟手続ークラス・アクションから広域係属訴訟手続への移行」法政論叢51巻2号(2015)
「大規模不法行為クラス・アクションーその成立要件の検討ー」白鷗法学22巻1号(2015)
「大規模不法行為の倒産手続による解決」白鷗大学法科大学院紀要9号(2015)
「アメリカ不法行為法における準拠法選択の問題」白鷗法学第23巻1号(2016)
「アメリカ不法行為法における因果関係の不明瞭性-有毒物質不法行為を中心に-」白鷗法学第23巻1号(2016)