白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

法学部

教員紹介詳細

教員氏名 荒木 教夫(アラキ ノリオ)
職名 教授
最終学歴・学位 早稲田大学大学院法学研究科・法学修士
専門分野 国際法
学協会活動 国際法学会ほか
【主な著書・論文等】
主要論文
①Lautsi事件に見るJoseph H. H. Weilerのヨーロッパ統合構想 白鷗法学50号 平成29年9月
②ECの国際責任-ILC国際組織責任条約審議過程における混合協定の位置づけ- 平成20年12月「国際法の新展開と課題(林司宣先生古希記念論文集)」所収
③WTOにおける地域主義 平成20年3月 広部和也編「地域主義の制度論的研究」所収
④混合協定に関する若干の考察 平成17年3月「立法の実務と理論(上田章先生喜寿記念論文集)」所収
⑤地域主義に関する若干の考察 平成17年3月「国際関係研究の新たな発展をめざして(高山巌先生退官記念論文集)」所収

主な著書
①導入対話による国際法講義(第3版)(共著 平成23年3月 不磨書房)
②ジョゼフ・ワイラー著「ヨーロッパの変容―EC憲法体制の形成」(共編訳 平成10年9月 北樹出版)
③国際法資料集 (共編 平成5年9月 アル・アート・メディア)

主な研究助成
①「殺戮後の歴史和解プロセスの法理研究」(文科省科研費[萌芽研究])平成15年4月−平成18年3月
②「アジアにおける地域主義の可能性」(成蹊大学アジア太平洋研究センター)平成14年4月−17年3月
③Emile Noel Fellow(1999-2001年、Harvard Law School)


◆◆◆◆◆ その他 研究内容・学生へのメッセージ ◆◆◆◆◆
【問題関心】
国際法・ヨーロッパ法

【現在の研究テーマ】
国際法・ヨーロッパ法

【学生へのメッセージ】
知的好奇心