白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

法学部

教員紹介詳細

教員氏名 平山 真理(ヒラヤマ マリ)
職名 教授
最終学歴・学位 関西学院大学大学院法学研究科博士課程後期課程・法学修士/ Master of Laws(University of Minnesota Law School)
専門分野 刑事訴訟法、刑事政策
学協会活動 日本刑法学会、日本犯罪社会学会、日本法社会学会、日本被害者学会、Law and Society Association
【主な著書・論文等】
〔著書〕
『刑事政策がわかる』(共著)2014年10月 2019年4月(改訂版)法律文化社
『刑事訴訟法教室』(共著)2013年7月 法律文化社
『刑事訴訟法入門』(共著)2011年4月 八千代出版
『刑事政策のすすめ-法学的犯罪学の試み』(共著)2003年5月、2007年4月(第2版)法律文化社
『法システム入門 (第4版)』(共著)信山社 2018年6月
〔論文〕
「Japan’s Reformed Prosecution Review Commission: Changes, Challenges, and Lessons」(with David Johnson), Asian Journal of Criminology (2019)
「A Future Prospect of Criminal Justice Policy for Sex Crimes in Japan-the Roles of the Lay Judge System There」, in Crime and Justice in Contemporary Japan (J. Liu and S. Miyazawa eds.), Springer 2018.
「平成29年版犯罪白書を読んで―特集部分に関して」『法律のひろば』Vol.71 No.1(2018)
「Introduction of Videotaping of Interrogations and the Lessons of the Imaichi Case; A Case of Conventional Progress of Criminal Justice Policy-Making in Japan」(with Setsuo Miyazawa), Washington International Law Journal, Vol. 27 No. 1 (2018)
「今市事件裁判員裁判における被疑者取調べ録音録画映像のインパクト-刑事裁判のリアリティ-」上石圭一・大塚浩・武蔵勝宏・平山真理編『現代日本の法過程-宮澤節生先生古稀記念 下巻』(信山社 2017)
「今市事件裁判員裁判は試金石となり得たか―傍聴記をもとにいくつかの刑事手続上の重要な課題を論じる」『法学セミナー』No. 739 (2016)
「アメリカ刑事司法制度の重要な課題:陪審裁判と性犯罪事件」『罪と罰』52巻3号(2015)
「性犯罪の裁判員裁判の現状と課題―『市民の目線』は何を変えるのか」大阪弁護士会・性暴力被害検討プロジェクトチーム編『性暴力と刑事司法』信山社(2014)
「裁判員制度の影響,課題,展望-制度施行後2年間の性犯罪裁判員裁判の検討を通じて問う」『法社会学』第79号 2013
「Sentencing and Crime Policy for Sex Offenders in Japan」, in The Wiley-Blackwell Handbook of Legal and Ethical Aspects of Sex Offender Treatment and Management (K. Harrison and B. Rainey eds.), John Wiley & Sons, Ltd, Chichester, UK. 2013
「阪神大震災後と関東大震災後の犯罪現象の比較」『大災害と犯罪』法律文化社 2013
「少年法22条の4 被害者傍聴の課題」『コンメンタール少年法』現代人文社 2012
「刑事裁判の劇場化と『感情を揺さぶる証拠』」『刑事法理論の探求と発見 斉藤豊治先生古稀祝賀論文集』成文堂 2012
「ジェンダーと裁判員制度 性犯罪裁判員裁判をめぐる課題」『講座 ジェンダーと法 第3巻 暴力からの解放』日本加除出版 2012
「Lay Judge Decisions in Sex Crime Cases: The Most Controversial Area of Saiban-in Trials」『Yonsei Law Journal』Vol.3 No.1 2012
「性犯罪と修復的司法」『修復的司法の明日・未来 後期モダニティにおける新しい人間観の可能性』成文堂 2012
「アメリカのDefense Initiated Victim Outreach(DIVO)の意義-被害者と刑事弁護人-『敵の味方』は『敵』でなくともよい」『自由と正義』Vol.61 No.9 2010年9月
「家庭内殺人未遂事件の裁判員裁判」『法学セミナー』No.660 2009年12月