白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

教育学部

専攻・コースの紹介

心理学専攻

いま時代が求める心理学について学ぶ

現在、私たちの周囲では、かつての価値観では想像もつかないような問題や事件が次々に起きています。このような時代だからこそ「人間の心」を学ぶ心理学の意義は大きく、社会においてその知識やスキルがより重要になってきています。性格診断や占いといったものでよく心理学が取り上げられますが、心理学とは本来、科学的データの集積・分析にのっとった専門性と客観性の高い学問で、その知識や手法は社会の様々な分野で生かされています。本専攻では、心理学的基礎知識を習得したうえで、それぞれが希望する専門領域に進めるよう、体系的にカリキュラムを編成しています。

小・中・高のレベルに合わせた英語教育のプロ養成 イメージ

心理学専攻の学びについて

教育の目的
本専攻の教育の目的は、学生が心理学に関する標準的な基礎知識と基礎技術を獲得し、心理学の学習や研究に必要な教養や態度を身につけることにあります。
教育方針
日本心理学会の認定心理士単位認定基準に基づいたカリキュラム構成になっています。その中で、心理学基礎科目と卒業研究が心理学教育の中心に置かれます。さらに学生は専門領域の選択科目や教養的共通科目をバランスよく学ぶことが求められます。
カリキュラムの仕組み 本専攻の教育の基礎をなす認定心理士単位認定基準では、基礎科目、選択科目、その他の科目を設けています。
( 基礎科目 )
心理学教育の根幹をなす科目です。これらの科目において心理学の基礎知識や基礎技術を身につけることが求められています。主な科目として、心理学概論A・B、心理学基礎実験演習、心理学実験・調査演習、心理統計法Ⅰ・Ⅱなどがあります。
( 選択科目 )
より専門的な内容として、認知心理学、教育心理学、発達心理学Ⅰ、比較心理学、臨床心理学、人格心理学、精神分析学Ⅰ・Ⅱ、健康心理学、社会心理学Ⅰ・Ⅱほか、多数の科目が用意されています。
( その他の科目 )
卒業研究に向けての準備となる心理学特別研究A・B、心理学専攻の教育の総決算である卒業研究、大学院受験にも役立つ外書講読などが用意されています。
受験生のみなさんに期待すること
本専攻では、熱心に勉強に取り組むだけでなく、積極的な知識の吸収と、根拠に基づく筋道の通った議論の展開を学生に期待しています。また、心理学という専門分野を学ぶ上で、学生としての誠実な態度が求められます。各科目の試験に合格するだけでなく、毎週のように課せられる複数の課題をやり遂げることが卒業の条件となります。

科目紹介

心理学実験・調査演習
心理学領域の研究手法を、実習を交えながら学びます。また、仮説と実験・調査の結果を客観的に記述・データ処理・検証する科学的枠組みを学び、心理学の研究を行うための基礎能力を養います。
認知心理学
認知心理学の範囲は広範ですが、なかでも幾つかの領域は隣接科学と結びつき心理学のhot spotを形成しています。この流れがどう誕生し、現在に至ったかを知ることは現代心理学の問題意識を知る上で不可欠です。
臨床心理学
臨床心理学とは、人間存在を深く見つめて理解し、悩みや問題を抱えている人を援助する学問です。臨床心理学の基礎的な理論とともに、対人援助の心理学的技法の基礎について一部体験的に学びます。

心理学専攻の特色

① 小規模・少人数教育です
主な専任教員の専門分野は、応用認知心理学、認知心理学、精神分析学、環境心理学、臨床心理学などです。著名な教員も含まれます。
② 実習や演習を通して心理学的基礎知識や基礎技能と研究能力の向上を目指します
  • 心理学基礎実験演習、心理学実験・調査演習、心理学特別研究A・Bにおけるレポート作成とその指導を通して論文作成能力の向上を目指します。
  • 心理学基礎実験演習と心理学実験・調査演習を通して、研究目的の立て方、研究の計画法、研究の実施法について学びます。
  • 卒業研究(卒業論文の作成)は学んだ心理学のすべての知識と技能が発揮される場です。
③ 基礎分野の充実と多様な選択科目を用意します

日本心理学会による認定心理士単位認定基準※に基づいたカリキュラム構成になっています。

※日本学術会議対外報告(2008)「学士課程における心理学教育の質的向上とキャリアパス確立に向けて」において、認定心理士単位認定基準は欧州における心理学教育と心理学専門家養成のための標準的枠組みとして設定された、「欧州における心理学資格免許制度(European Diploma in Psychology)」における学士段階でのカリキュラムと類似していると評価されています。

④ 想定する主な進路は大学院進学、中学校・高校教諭、一般企業社員です
目指す方向は異なりますが、必要とされる能力は共通です。それらは、客観的認識力や分析力、高い問題解決能力、簡潔にして説得的な論文作成能力です。心理学専攻でしっかり学ぶことでそれらの能力は確実に身につきます。
⑤ 英語能力向上のための科目を用意します
大学院進学には高い英語能力が必要ですが、本専攻では「外書講読」科目を用意しています。卒業研究も英語文献への親近性を高めるよいチャンスです。
⑥ 情報処理技術の向上や情報倫理が求められます
  • レポート作成を通してワープロ、作図・作表、統計計算ソフト等を使用した情報処理技術の向上が求められます。
  • レポート作成を通して自分の意見と他者の意見(インターネットを通して得た情報を含む)をはっきり区別し、他者の意見を適切に引用しなければならないことを学びます。
⑦ 多くの資格が取得可能です
日本心理学会認定心理士、高校公民・中学社会科教諭1 種免許状、ピアヘルパー、レクリエーション・インストラクターなど、多くの資格が取得可能です。

心理学実験室

心の動きを測定する「心理学実験室」

2016年4月、心理学専攻の教育・研究の充実を図り、4号館に心理学教室が新設されました。心理学教室には、認知心理学や生理心理学用の実験室や防音室が備えられています。記憶やウソ発見などの目に見えない心の動きを身体のデータから解析するポリグラフのほか、臨床心理学やカウンセリングの理論、知能測定、人格診断の手法を学ぶための心理検査など、さまざまな実験に活用されています。また、知能や人格特性の測定法を学ぶための検査用具なども豊富に揃っています。

心理学実験室 イメージ