白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

教育学部

専攻・コースの紹介

児童教育専攻

適性を育む体験型の教員・保育士育成

 児童教育専攻は子どもの教育や保育に携わる人材を育てることを目的としており、取得する免許・資格によって「小学校教育コース」または「幼児教育・保育コース」に分かれます。
 「小学校教育コース」は小学校教諭一種の免許取得を目指します。各教科の教育法や様々な実技授業などを学ぶほか、早期英語教育にも対応できる英語力も習得します。また、必要な科目・実習を追加修得すれば、幼稚園教諭免許の取得も可能です。
 「幼児教育・保育コース」は幼稚園教諭一種免許、保育士の資格取得を目指し、就職してからも現場のリーダーとして信頼されるよう、より多角的に子どもの世界を学んでいきます。

適性を育む体験型の教員・保育士育成

各コースで目指す免許・資格

児童教育専攻 > 小学校教育コース / 幼児教育・保育コース / 小学校教論一種免許状・幼稚園教論一種免許状・保育士資格

▲クリックすると新しいウィンドウで開きます。

科目一覧

児童教育専攻の特色

■ 全教員が学生からの相談を受け付けます
教育学部では、すべての教員が学生からの質問や相談に応じる「オフィス・アワー」を実施しています。これは、各教員が毎週特定の時間帯に研究室を開放し、予約なしで訪れた学生からのいろいろな質問や相談に応じ、学習に関することだけでなく、将来のこと、学生生活に関することなど、何でも気軽に相談できます。特に教員という職業は、子どもだけでなく保護者の対応をする機会も多いので、幅広い年代とのコミュニケーション能力も重要であり、将来、子どもたちから悩み相談を受ける時にも役に立ちます。
■ 小学校教育コースでは幼稚園・中学校の免許も取得できます
小学校教育コースでは、小学校教諭一種免許に加え、幼稚園実習などの必要単位を修得すれば、幼稚園教諭一種免許の取得が可能です。また他専攻の必要な単位を修得し、卒業後個人で申請をすれば中学校教諭一種免許状も取得することができます。中学校は専門教科になるので、「社会」「保健体育」「英語」からひとつを選択することになります。ただし人数制限があるので、選考を行う場合があります。
ほかにもレクリエーション・インストラクター、ピアヘルパー(受験資格)といった資格の取得もできます。
■ 幼児教育・保育コースには幅広い就職先があります
幼児教育および児童福祉に関する学習を基本にして、乳児保育、小児保育、乳幼児期から青年期に至る心身の成長について学びます。 幼稚園、保育園、認定こども園をはじめ、乳児院や児童養護施設など、様々なタイプの児童福祉施設への就職を目指します。 またレクリエーション・インストラクター、ピアヘルパー(受験資格)の資格取得も可能です。