白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

教育学部

専攻・コースの紹介

英語教育専攻

小・中・高のレベルに合わせた英語教育のプロ養成

英語教育専攻では、中学校・高校の英語教諭はもちろん、2011年度から必修化された小学校での英語教育に対応できる人材を育成。また、高い英語運用能力とコミュニケーション能力を備えて、一般企業など幅広い分野で活躍できる人材や、海外への留学・大学院進学を見据えた人材の育成も目指しています。各学生が無理なく主体的に学習を進められるよう、語学クラスにおける習熟度別編成や、「e-ラーニング」による学力診断などの学習環境を整備。また、英語ライティングコンテストなど、積極的に英語コミュニティに参加する機会を用意しています。

小・中・高のレベルに合わせた英語教育のプロ養成 イメージ

科目一覧

英語教育専攻の特色

■ ネイティブスピーカーによる徹底した英語指導
英語教育専攻では、ネイティブスピーカーによる英語指導体制を整えています。学生一人一人に対して、英語コミュニケーション能力の養成から、英語指導ができるレベルまで、徹底した英語教育を実施。英語は使う機会や話す機会を多く持つことで身につくとの考えから、多くの科目の授業を英語で行っています。また、学内の「Hakuoh Study Lounge」での留学生との日常的な会話を通して、生きた英語を身につけることができます。
■ 海外留学を身近にする環境づくりをすすめています
英語力をよりスキルアップするために、海外留学を希望する学生を積極的にサポート。短期の海外留学を選択科目に設けています。
学生の要望や英語力に応じた留学の機会を用意し、留学しやすい環境を整えています。
また、英語力の判断基準となるTOEFL®、TOEIC®の受験に対しても手厚いサポートを行っています。
■ 小学校英語教員養成の拠点を目指します
ほかのアジア各国と比べ、日本は小学校の英語教育に遅れをとっているといわれます。2011年から小学5、6年生に英語が必修となり、本格的な小学校への英語教育導入がスタートしました。
本学ではいち早く英語教育専攻を設け、小学校の英語教育に対応できる人材育成に取り組んできました。この取り組みは関係各方面から注目を集め、小学校における英語担当教員養成の中核拠点として大きな期待が寄せられています。
小学校英語教員養成の拠点を目指します イメージ
■ 最新の発音練習ソフトでネイティブスピーカーの発音を修得
本学では、自分が話した英語を音声認識ソフトが診断し、間違った発音をチェックしてくれる、最新の発音練習ソフトを導入しています。専用のパソコン室で学生は自由に使用することができ、授業の空き時間などを活用して練習することも可能です。
自分のレベルに合わせて取り組めるので、ゲーム感覚で楽しみながら、無理なく確実に英語のスピーキング能力を高めることができます。
最新の発音練習ソフトでネイティブスピーカーの発音を修得 イメージ