白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

教育学部

履修の基準

履修の基準

履修とは決められた学科や課程を習い修めることを意味します。

大学では、卒業するために学ばなければならない科目、免許・資格を取得するために必要とされる科目が決められておりますので、それにしたがって、それぞれの希望に応じて、自分の履修計画を立て、時間割を決めていくことになります。

授業は4月から始まる前期と9月末から始まる後期に分かれて行なわれ、それぞれ15回の実施が予定されています。15回の授業で完結する半期科目と前・後期を通して30回行なわれる通年科目がありますが、ほとんどは半期科目となっており、前期と後期で2種類の時間割を作成することになります。(通常、それぞれの授業は週1回行なわれます)

授業はその形態に応じて、「講義科目」と「演習科目」、そして「実験・実習及び実技科目」に分かれます。講義は教員が中心となって展開され、演習では学生の調査・発表、制作などが中心となり、実験・実習及び実技科目には体育実技や幼稚園、小・中学校での教育実習、保育所、施設実習などが含まれます。

これらの科目を履修し、前期・後期末に実施される試験に合格しますと、原則として講義科目では半期で2単位(通年4単位)、演習科目では半期1単位(通年2単位)が取得でき、卒業するためにはこれらの単位を積み重ねて124単位分の科目を修得する必要があります。なお、学外で行なわれる実習についてはその種類によって単位数が異なり、卒業単位には含まれないものもあります。

授業は内容の面からみますと、外国語・教養科目と専門科目に分けられます。外国語科目としては英・独・仏語の他にもスペイン語や中国語を学ぶこともでき、特に英語ではネイティブの先生が多く、外国の文化に直接触れる感覚を味わえます。教養科目は現代社会を豊かに、楽しく生きるために必要な幅広い知識を身につけるべく、人文・社会・自然科学系の科目のなかから、みなさんの興味、関心に応じて選択できるようになっています。専門科目では、それぞれの専攻分野の内容を深めるための科目、希望する免許・資格を取得するために必要な科目を履修することになります。

時間割の例(児童教育専攻/幼・保コース)

  1時限 2時限 3時限 4時限 5時限
ソルフェージュ 保育内容指導法(健康)   音楽実技Ⅱ  
  絵画表現法 養護原理 人権教育 臨床心理学
環境科学A   課題研究A 児童文学  
保育内容演習(言葉) 小児栄養演習 障害児保育   おもちゃ論
  造形文化論 発達心理学 教師論