白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

法学部

法学部における3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針について)

今日では、国の内外を問わず社会が急速に変動する中で、様々に困難な社会問題が発生するところとなり、法的な対処を必要とする課題も増大、複雑化してきています。法学部では、法律実務、金融、サービス業、公務員など、卒業後の進路は多様ですが、進路先を問わずに起こりうるこのような課題の解決に、豊かな法的素養をもって意欲的に取り組むことのできる人材の育成を目指しています。そこで、卒業に要する単位(124単位)を修得し、次のような学修成果を収めた者に対して卒業を認定し、学士(法学)の学位を授与することとしています。

  • (1)幅広い教養と高い倫理観を備え、社会貢献への強い志を有している。
  • (2)法律学の専門的知識を習得するとともに、政治学等の隣接諸科学の基本的知識をも身につけている。
  • (3)得られた知識を基礎に、日々生起する法的事象について課題を的確に発見し、論理的、多面的思考を通じて当該課題の解決策を考究、提示することができる。
  • (4)異なる利害や価値観にも十分に耳を傾け、課題解決に向けてバランスのとれた判断を下すことができる。
  • (5)身につけた知性、外国語運用能力、情報処理能力等を総合的に活用して、自らの考えを適切に表現し、他者に伝えることができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針について)

法学部は、ディプロマ・ポリシーに列挙した学修成果が着実に達成されるよう、次のような方針に基づき、体系的な教育課程を編成、実施しています。

  • 1.ディプロマ・ポリシーにおける学修成果(1)及び(5)への対応方針 教養必修科目及び教養選択科目を配置しています。前者は、第一外国語6単位と第二外国語4単位から成り、外国語によるコミュニケーションの能力や異文化理解力を養うことを目的とします。後者は、倫理学、歴史学、社会学などの社会を広い視野から捉えることを可能とする多彩な一般教養科目や発展的外国語科目であり、所要単位は18単位です。
  • 2.ディプロマ・ポリシーにおける学修成果(2)~(4)への対応方針 専門必修科目及び専門選択科目を有機的に配置しています。前者は、法律を学ぶ上で基礎となる科目(例えば、「憲法Ⅰ(総論・人権)」、「民法Ⅰ(総則)」)及び概論的科目(「民事法概論」、「刑事法概論」)から成り、16単位を必修としています。後者は、前者を踏まえて法律の専門的・応用的知識を得るための科目群であり、その履修を通じて、法律の解釈と理論、運用法が身につきます。所要単位は56単位です。
  • 3.ディプロマ・ポリシーにおける学修成果(3)~(5)への対応方針 専門選択科目には、少人数制の授業環境のなかで特定のテーマについて討論を重ね、学習を深化させることができる「専門ゼミナールⅠ」(3年次)及び「専門ゼミナールⅡ」(4年次)を多数開設し、特にこれら「専門ゼミ」では履修者の能動的学修を重視しています。
  • 4.ディプロマ・ポリシーにおける学修成果(2)及び(5)への対応方針 これらの学修成果のスムーズな達成を目指し、初学者が自ら学習計画を立て、主体的な学びを実践できるようになるよう、専門選択科目には、少人数で行われる「基礎ゼミナール」を配置しています。「基礎ゼミ・スタートアップ」(初年次生)では、新聞記事や法律学、政治学の基礎的文献を素材とした文章理解とプレゼンテーション、基本法律の条文の読み方等を学びます。結果として、高校までの社会科諸科目で習得した知識の再確認にもなっています。「基礎ゼミ・ステップアップ」(2年次生)は、学修進行中の法律・政治系基本科目の理解の深化と「専門ゼミナールⅠ」への橋渡しを目的としています。
  • 5.ディプロマ・ポリシーにおける学修成果(1)及び(2)への対応方針 学修における学生の主体性、多様性を尊重し、教養、専門を問わずに各自の興味・関心に沿って自由に履修することができる科目群として自主選択科目を設け、所要単位を24単位としています。

なお、法学部では、学生が自己の進路を意識しながら容易に授業科目を選択できるよう、コース制を採用しています。これは、学生が将来の目的・職業等に応じて科目選択をしようとする際に参考となるモデルを提供するものです。「市民コース」、「司法コース」、「行政コース」、「企業コース」、「国際コース」があります。さらに、「法職演習」を置いています。講義等で習得した知識の整理・充実を図り、行政書士などの各種資格の取得、法学検定試験、公務員採用試験等に挑戦しようとする学生を対象とした演習科目です。

ディプロマ・ポリシー(学位授与に関する方針)

4年間以上在学し、124単位以上を修得することにより、学士(法学)の学位が授与されます。124単位の内訳は、専門必修科目24単位、専門選択科目48単位以上、必修の第一外国語、選択必修の第二外国語を合わせて10単位、一般教養科目18単位以上です。
一般教養科目は社会科学、人文学、自然科学群の多様な科目の中から選択します。いうまでもないことですが、単位の修得にあたっては、知識の蓄積のみならず、併せて批判的・論理的思考力、課題を見つけそれを分析し解決すべきアイデアを提示する能力、そして、文書・口頭を問わずそれらを表現する能力および伝達する能力などを身につけることが前提となります。
つまり、学位授与の可否については、社会に出てから、積極的に未知の問題に取り組み、処理できる基本的な能力を身につけているかどうかが問われているのです。そのような趣旨に基づいて単位認定ひいては卒業認定が行なわれます。