白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

経営学部

教員紹介詳細

教員氏名 小笠原 伸(オガサワラ シン)
職名 教授
最終学歴・学位 早稲田大学大学院理工学研究科建設工学専攻、修士(工学)
専門分野 都市論、地域デザイン、産業振興、地方創生
学協会活動 日本建築学会、社会・経済システム学会
【主な著書・論文等】
〔論文〕
「1960年代の東京を読解・記述する ~「東宝クレージーシリーズ」を例に~」武蔵野美術大学研究紀要 1999年1月
「ロボット技術による地域産業振興のプロセスとその課題について(1)」白鴎大学論集 2012年9月
「都市空間における「街歩き」の手法とその社会的効果について」白鴎ビジネスレビュー 2012年10月
「ロボット技術による地域産業振興のプロセスとその課題について(2)」白鴎大学論集 2013年3月
「栃木県内自治体のソーシャルメディア活用状況調査とその課題」白鴎ビジネスレビュー 2013年3月
「ソーシャルメディア活用から発する知の空間創出」白鴎ビジネスレビュー 2013年10月
「おやまブランドにおける現状の課題調査と提言」白鴎ビジネスレビュー 2014年3月
「つながりを求める若者と都市-ソーシャルメディア,サードプレイスと都市の隠れ家の関係を考える」都市計画 (326) 2017年5月
「新しい学びとは何かを考える : アクティブラーニングとそれに伴う変化」白鴎ビジネスレビュー 27(2) 2018年3月
「サードプレイスと都市との関係」アーバン・アドバンス(71) 2019年3月

〔著書(共著)〕
「ソーシャルデザイン論」青弓社 2015年10月
「ソーシャルメディア論 改訂版」青弓社 2019年3月

〔社会活動〕
結城市まちひとしごと創生推進会議会長 2016年~
結城市総合計画市民会議議長 2019年〜
エフエム栃木放送番組審議会委員 2017年~

〔その他〕
「表象としての建築第3回「60年代の東京を闊歩した「クレージーキャッツ」達」日本建築学会会報 「建築雑誌」2002年3月号(VOL.117,NO.1485)
「愛知万博 中部千年共生村・岐阜県ブース上映映像」作成、愛知万博内の中部9県パビリオン「中部千年」共生村岐阜県ブースにて期間中上映 2005年
「岐阜地域の地域活性化に資する産官学連携事業に関わる研究」日本建築学会大会大会学術講演梗概集 2005年
「岐阜における地域支援のための公共空間創出のモデルづくり 岐阜地域の地域活性化に資する産官学連携事業に関わる研究 その2」日本建築学会大会大会学術講演梗概集 2006年
「特別寄稿「ロボット技術が生活を、地域を、日本を変えてゆく」半導体産業新聞 2007年11月28日
「ロボット技術の生活空間への導入に関する研究」日本建築学会大会大会学術講演梗概集 2008年
「地域におけるロボット技術の新産業創出に伴う産官学連携の課題について」社会・経済システム学会発表 2011年
「設備・施設が文化資源と評価される企業のその活用へのプロセスと課題について」社会・経済システム学会発表 2013年
「新しい産業と都市・地域の成長に向けた「場」づくり」国土計画協会 情報社会における国土・地域の成長と進化のあり方研究会 2014年10月
「対談 オリンピックが最後のチャンス!? 背骨なき個人とムラ社会化が招く東京の崩壊」雑誌サイゾー 2014年10月号
「「地方都市の目指す都市戦略課題と新たな「場づくり」のデザインについて」社会・経済システム学会発表 2016年
「つながりを求める若者と都市-ソーシャルメディア,サードプレイスと都市の隠れ家の関係を考える」日本都市計画学会学会誌「都市計画」326号、2017年


◆◆◆◆◆ その他 研究内容・学生へのメッセージ ◆◆◆◆◆
【問題関心】
 都市における諸問題や様相に関心を持っています。クリエイティブで多様な人々が集い生活し、新しい活力ある魅力的なものが生まれる都市がどういう姿を我々に示しているのか。その場を読み解き現況を知り、新たな都市空間を描き創出するプロセスをアート・デザインや工学など複数の切り口からアプローチする研究活動・表現活動を行なっています。その為に都市を見つめるフィールドワークである街歩き、都市空間の読解と記述、サードプレイスと都市の関係、都市の経済活動支援特に地域産業振興の一貫として先端技術による新産業創造や中心市街地の活性化といった領域を扱ってきました。また、政府機関や多くの自治体の都市戦略や地方創生政策の企画立案に携わり、地域ブランド、NPOの地域活動への参加や助言、企業のCSRや広報のアドバイスなどを行なっています。

【現在の研究テーマ】
1.都市空間における読解と記述のプロセス、都市構造・装置のフィールドワーク
2.インキュベーターとしての都市空間の創出とクリエイティブクラスについて
3.地方創生、先端技術、中心市街地活性化による地域産業振興、都市戦略の策定
4.ベンチャー、NPO、市民参加によるソーシャルデザイン、SDGs、社会貢献
5.国土形成計画における知的対流拠点、都市とサードプレイスの関係について

【学生へのメッセージ】
 都市・地域へ向けるまなざしをどのように獲得し、フィールドに出てゆくかが大切です。自らがクリエイティブであることは大切であり、新しい社会を形成するための場づくり、ネットワーク構築のためには多くのことを知り学ぶ必要がありますがそれは非常に面白く魅力的なことでもあります。一緒に学び、街を歩き、都市の将来像を描いてゆきましょう。