白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

経営学部

教員紹介詳細

教員氏名 新井 佐恵子 (アライ サエコ)
職名 特任教授
最終学歴・学位 デューク大学(The Fuqua School of Business)・経営学修士(MBA)
専門分野 ベンチャー経営、ベンチャーファイナンス、コーポレートガバナンス
学協会活動 日本公認会計士協会、中央大学経済研究所
【主な著書・論文等】
『21世紀の経営と経済』(共著) 中央大学出版部 2005年


◆◆◆◆◆ その他 研究内容・学生へのメッセージ ◆◆◆◆◆
【問題関心】
 日米を通して、ベンチャービジネスに関わってきた。公認会計士として、株式公開準備を支援し、税金に関するコンサルティングを行い、インターネット企業の株式公開業務の責任者として、東京証券取引所のマザーズに株式公開を達成し、日米のベンチャー企業の資金調達、経営支援を行ってきた。現在は、ベンチャー企業及び中小企業支援及び上場企業やベンチャー企業の社外役員を務めている。  実務家としての経験を重ねながら教職に携わる者として、次のような問題関心を持っている。ベンチャー企業の社会的な役割は何だろうか。日本でも中小企業が会社の大多数を占めている中で、日本経済および地域経済にベンチャー企業が及ぼす影響、あるいは、逆に、地域経済からベンチャー企業が受ける影響は何であろうか。ベンチャー企業や中小企業が存続していくために、見えるものと見えないものをどのように評価していくべきか。  また、ベンチャー企業が存続していくためには、資金調達が欠かせないが、ベンチャー企業に対するファイナンスの役割は何か、どのようなファイナンスの方法があるか、資金調達を続け、投資家や債権者の信頼を得るためにどのようなガバナンスが必要かなどを考えている。

【現在の研究テーマ】
 ベンチャー企業の社会的役割、特に地域経済における役割  ベンチャー企業におけるファイナンス  ベンチャー企業の価値評価  大企業、中小企業及びベンチャー企業のコーポレートガバナンス

【学生へのメッセージ】
 激動の時代を迎え、自分をきちんと見つめ、自分らしく生きることの重要性が問われている。自分の得意とするところと不得意をするところを様々な経験を通して、つかんでいってほしい。幅広い分野の勉強をすることはもちろんのこと、本物の音楽、美術品、パフォーマンス、文学などにふれ、多くの人と出会って対話をする経験を積んでほしい。自由にできる時間が比較的多い学生時代がチャンスである。そして、公私ともに、自分の得意分野を伸ばすような生活を目指してほしい。