白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

法学部

教員紹介詳細

教員氏名 的場 哲朗(マトバ テツロウ)
職名 教授
最終学歴・学位 早稲田大学大学院博士後期課程・文学修士
専門分野 哲学、倫理学
学協会活動 日本哲学会、日本倫理学会、実存思想協会他
【主な著書・論文等】
〔論文〕
「ハイデッガーのゲーテ論 ゲーテの言葉は目配せである」(単著、1992年ゲーテ自然学の会編学会誌「モルフォロギア ゲーテと自然科学」14号)
「ゲオルク・ミッシュのハイデッガー批判 忘却された論争を追う」(単著、2001年、雑誌「理想」666号)
「歴史に必然的な法則はあるのか」(単著、2004年、実存思想論集XIX「実存と歴史」)
「戦場写真家とメディア倫理の問題――写真「ハゲワシと少女」を手掛かりにして」(単著、2014年、白鷗大学論集第27巻1号)
「ディルタイ、ヨルク--『存在と時間』成立の一大ドキュメント」(単著、2016年、『続ハイデガー読本』法政大学出版局)
〔著書〕
『グノーシス異端と近代』(共著、2001年、岩波書店)
『存在と時間』の現在』(共著、2007年、南窓社)
『第一次世界大戦と現代』(共著、丸善プラネット、2016年)