白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

経営学部

教員紹介詳細

教員氏名 Aki Cunningham(アキ カニングハム)
職名 講師
最終学歴・学位 Indiana University, M.Ed. インディアナ大学 言語教育修士
専門分野 Language Education, Second Language Studies ( Teaching Japanese and English as second languages ), Elementary Education, Gender Studies 言語教育、第二言語研究(第二言語としての日本語、英語教育)、初等教育、ジェンダー学
学協会活動 Association of Indiana Teachers of Japanese インディアナ州日本語教師協会
【主な著書・論文等】
◆◆◆◆◆ その他 研究内容・学生へのメッセージ ◆◆◆◆◆
【問題関心】
My intellectual interests include second language acquisition, language and gender, multi-cultural education, elementary education, and inquiry-based learning. 第二言語習得、言語とジェンダー、多文化教育、初等教育、探求学習 Second language acquisition is intimately connected with socio-cultural elements and identity. Therefore, I focus on creating culturally relevant classrooms so that inquiry-based learning emerge. 第二言語習得は、社会文化的要素とアイデンティティに密接に関連している。したがって、文化的に適切な教室の作成に焦点を当て、探求ベースの学習が生まれるようにする。

【現在の研究テーマ】
Second language acquisition, language and gender, multi-cultural education, elementary education, and inquiry-based learning 第二言語習得、言語とジェンダー、多文化教育、初等教育、探求学習

【学生へのメッセージ】
My philosophy of language education emerges from my commitment of human diversity, social justice, and inclusiveness. Every student is a different and unique language learner and my job as an educator is to foster environments that are comfortable and conducive to the task of acquiring language. I encourage human differences and diversity as part of literacy and language development by providing activities that foster interaction and meaning construction. 私の言語教育の方針は、人間の多様性、社会正義、包摂性への自身のコミットメントから生まれたものです。すべての学生は異なるユニークな言語学習者であり、教育者としての私の仕事は、言語を習得するタスクを快適に促進できる環境を作ることです。対話また意味構築を促進するアクティビティーを学習者に提供することにより、学習者のリタラシーと言語発達の一環としての人間の違いと多様性を奨励していきます。