白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

法学部

教員紹介詳細

教員氏名 清水 正義(シミズ マサヨシ)
職名 法学部長・教授
最終学歴・学位 東京大学大学院社会学研究科博士課程・国際学修士
専門分野 西洋史学
学協会活動 歴史学研究会、ドイツ現代史学会、歴史学会
【主な著書・論文等】
〔著書〕
『戦争責任とは何か』かもがわ出版、2008年9月
『「人道に対する罪」の誕生 ニュルンベルク裁判の成立をめぐって』丸善プラネット、2011年8月
〔論文〕
「ニュルンベルク裁判の成立と『人道に対する罪』」『現代史研究』第40号(1998年12月)
「『人道に対する罪』の成立」VAWW-NET Japan編『戦犯裁判と性暴力』(緑風出版、2000年)
「ナチ戦争犯罪情報公開法の成立について」『白鴎法学』第18号(2001年11月)
「共同謀議論はなぜ必要とされたか」『季刊戦争責任研究』35号(2002年春期号)
「記憶と歴史学についての断章」『白鴎法学』第20号(2002年11月)
「第一次世界大戦後の前ドイツ皇帝訴追問題」『白鴎法学』第21号(2003年5月)
「ヴェルサイユからニュルンベルクへ」『白鴎法学』第23号(2004年5月)
「ニュルンベルク裁判成立史研究の動向」『白鴎法学』第25号(2005年5月)
「歴史学の社会的役割をめぐって」『白鴎法学』第28号(2006年11月)
「War Guilt Problems in Japan」『白鴎法学』第30号(2007年11月)
「戦争責任と植民地責任 もしくは戦争犯罪と植民地犯罪」『「植民地責任」論 脱植民地化の比較史』(青木書店、2009年)
「イギリスのナチス犯罪組織成員処罰政策」『白鴎法学』第34号(2009年11月)
「「植民地責任」論をめぐって」『白鴎法学』第35号(2010年5月)
「平和に対する罪について」『白鴎法学』第36号(2010年11月)
「第一次世界大戦とアフリカ」『白鴎法学』第40号(2012年12月)
「パリ講和会議と賠償問題」『白鴎法学』第43号(2014年12月)
「強制収容所とナチス犯罪」『白鴎大学論集』第31巻2号(2017年3月)