白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

教員免許状更新講習

よくある質問

更新講習Q&A

■ 現職教員でない方

Q1.旧免許状を持っていますが、教員としての勤務経験がなく、教職に就く予定もありません。更新講習を受講できますか?
A1.過去に教員経験がなく、また、教員になる予定もない方は、免許状を持っていても受講することはできません。
【旧免許状を所持している方】
教員免許を必要としない職にある方は、更新講習の受講義務が課せられていないので、修了確認期限を経過しても、免許状が失効することはありません。
【新免許状を所持している方】
更新手続きを行わなかった場合、有効期間の満了により失効します。

詳細は文部科学省HPでご確認ください。
Q2.過去に教員として勤務した経験がありますが、更新講習を受講できますか?
A2.更新講習を受講することはできます。ただし、任用または雇用していた者より受講対象者であることの証明が必要となります。
システムの勤務先名には、教員として勤務していた勤務先を入力してください。
Q3.今後、教職に就きたいと思っていますが、更新講習を受講できますか?
A3.教育職員となることが見込まれる方(教員採用内定者、都道府県教育委員会や私立法人の臨時任用教員リスト登載者など)は、受講することはできます。
ただし、任用又は雇用予定の者より受講対象者であることの証明が必要となります。
システムの勤務先には、予定の勤務先、教育委員会名等を入力してください。
Q4.免許状を所有して学校に勤めていますが、教員ではありません。更新講習を受講できますか?
A4.支援員・補助員・アシスタント等で勤務している場合は、採用形態が教育職員ではないため更新講習の受講義務はありません。
更新講習の受講については、勤務先の学校(園)長又は管轄の教育委員会とご相談ください。
Q5.幼稚園教諭免許状を保有して保育士として勤務していますが、更新講習を受講できますか?
A5.保育士は教員免許更新制の対象ではなく、受講の義務はありませんが、認定こども園、認可保育所にお勤めの保育士の方及び、幼稚園を設置している者が設置する認可外保育士施設にお勤めの保育士の方は、講習を受講することができます。文部科学省のホームページをご確認ください。
Q6.現在教員として勤務しておらず修了確認期限(有効期間)が経過しています。いつ受講すればいいですか?
A6.教職についてない場合、旧免許状は、修了確認期限が経過してもお持ちの免許状は失効しません。修了確認期限経過後に教職に就く際には、それまでに免許状更新講習を受講・修了し、住所地の教育委員会に申請手続きをしてください。
新免許状は、有効期間満了後は免許状が失効しています。教職に就く際には、免許状更新講習を受講・修了し、教育委員会に新たに免許状の申請手続きをしてください。
Q7.免許の所要資格を得て大学を卒業しましたが、免許申請をせず免許状を取得していません。
所要資格を得てから10年以上経過した場合は、更新講習を受講・修了してからでないと免許状の申請ができないようですが、受講申込みができますか?
A7.受講申込みをする前に必ず免許管理者(住所地の都道府県教育委員会)にお問合せください。
受講の対象となるのは、教員となることが見込まれる方となります。都道府県教育委員会の証明を受けて申込みをしてください。

■ 受講申込の予約をする際に…?

Q1.前年度に受講したため、既に白鴎大学の『受講者ID』と『パスワード』を取得し登録しています。今回新たに『受講者ID』と『パスワード』の取得が必要でしょうか?
A1.既に本学で『受講者ID』と『パスワード』を取得している方は、取得済みの『受講者ID』と『パスワード』をご使用いただけますので、新たに受講者の登録をする必要はありません。
Q2.『受講者ID』『パスワード』を忘れてしまいました。どうしたらよいですか?
A2.直接、更新講習担当までお問合わせください。
Q3.Webのみの申込みとなっていますが、メールアドレスがないと申込めないのでしょうか?
A3.申込む前に「受講者情報」を更新講習システム(Web)に登録していただき、『受講者ID』と『パスワード』を取得する際、メールアドレスが必要となります。
できるだけパソコンのアドレスの登録をお願いしていますが、アドレスのない方には、本学では携帯電話のメールアドレスの登録も可としています。
詳細については、HP内の「教員免許更新講習システム利用マニュアル①(受講者情報登録及び『受講者ID』『パスワード』の取得編)(PDF)をご参照ください。
Q4.①栃木県以外の教員でも、受講申込ができますか?
②白鴎大学出身の教員ではないのですが、受講申込はできますか?
A4.①他県の方でも、受講申込はできます。
②ご出身大学は関係ありませんので、受講申込は可能です。
Q5.前年度に受講し履修認定を受けた講習と同じ講習を受講してもよいでしょうか?
A5.前年度に本学で既に履修認定済みの講習名と同じ講習は受講できませんので、お申込みの際ご注意ください。
Q6.どんな講習でも受講できますか?
A6.更新講習システム内の「講習情報」や「開設講習のご案内(申込時及び受講時における連絡事項)」(PDF)等で「主な受講対象者」をご確認ください。
Q7.「主な受講対象者」に該当しないのですが受講できますか?
A7.「主な受講対象者」と学校種や教科が異なっていても「履修認定対象職種」が該当すれば受講が可能な場合もあります。お申込み前にお問合わせください。
Q8.受講後すぐに「履修(修了)証明書」はもらえますか?
A8.講習を受講してから「履修(修了)証明書」が届くまでに最短で2ヶ月弱かかります。詳しくは「受講後のA1」をご覧ください。
Q9.教員免許更新講習システムの稼働時間はいつですか?
A9.本学のシステムの稼働時間は、6:00~27:00です。
Q10.講習の予約受付期間はいつですか?
A10.「受講手続きの流れと詳細」(PDF)等でご確認ください。
Q11.iPadやiPhoneから受講予約ができますか?
A11.更新講習システムは、パソコン対応のため、タブレット端末(iPad等)、スマートフォン(iPhone等)での登録及び申込み等で不具合が生じても保証できませんので、パソコンからの入力をお願いします。
Q12.更新講習システムにアクセスしづらいのですがどうしたらよいですか?
A12.受付開始時はアクセスが集中するため、システムにアクセスする際に時間がかかったり、繋がりにくい状態が発生する可能性があります。
その際は次のようにしてください。
  • 1.画面がなかなか移り変わらない場合、何度も更新ボタンをクリックしないで、画面が移り変わるのをお待ちください。
  • 2.セッション無効(タイムアウト)が発生したら、ブラウザの戻るボタンで前の画面に戻り、もう一度操作をしてください。
  • 3.データの整合性を保つため、チェック処理を行っていますので、一度に複数のブラウザを立ち上げたり、複数のブラウザタブを起動しないでください。

■ 受講から認定試験まで

Q1.オンデマンド型講習を受講するのに必要なものは何ですか?
A1.パソコン、プリンタ、パソコンで利用可能なメールアドレス、インターネット接続環境が必要です。
本学ではパソコン、タブレット、プリンタ等の貸与及び視聴時のトラブル対応は行っておりませんので、あらかじめご了承ください。
Q2.受講にあたって、パソコンの操作がどの程度できる必要がありますか?
A2.基本的なスキルがあれば受講可能です。
具体的には、マウスの操作、キーボードでの文字入力のほか、講習のサイトへの接続、講習の資料等をダウンロードして印刷することが必要となります。
Q3.スマートフォンで視聴しようと思うのですが?
A3.スマートフォンなどのモバイル通信では通信量が膨大になるため、制限がかかったり、料金が高額になったりします。接続が不安定になることもありますので、Wi-Fiなどのインターネット環境で受講するようにしてください。
また、お申し込みの前に、サンプル動画を視聴できるかご確認ください。
https://hakuoh.jp/koshinkyosyu/koshinkyosyu_04.html
Q4.職場で視聴しようと思うのですが?
A4.インターネット環境が整っていれば受講できますが、1講習につき6時間の受講が必要になるため、原則ご自宅での受講をお勧めします。
Q5.オンデマンド型講習は、受講日時が決まっていますか?
A5.決まっていません。
動画配信期間内であれば、いつでも、何度でも視聴できますし、一時停止することも可能です。
Q6.オンデマンド型講習の受講方法を知りたいです。資料も配付されるのですか?
A6.開講期間の数日前に、メールで本学が使用しているクラウド型教育支援システム「WebClass」のURL等をご連絡します。
教育支援システム「WebClass」内に講習動画の掲載先URL(YouTubeでの限定公開)や、講習によっては確認テストや資料が掲載されます。なお、資料はデータをご自身でダウンロードし、必要に応じて印刷して受講してください。
Q7.試験の方法を知りたいのですが?
A7.原則として、ご自宅で受験していただきます。
本学が使用しているクラウド型教育支援システム「WebClass」内に「試験問題及び解答用紙」が掲載されます。
掲載先URLとパスワードをメール送信しますので、ご自身でダウンロードし、印刷してください。なお、「試験問題及び解答用紙」に記載されている「推奨印刷方法」を確認のうえ印刷し、必ず自筆で解答してください。
Q8.解答用紙はどのように提出するのですか?
A8.試験実施後、締め切りまでに本学の更新講習係宛に、ご自身でご準備いただくレターパックライトに封入し送付してください。
なお、提出期限を過ぎた場合は、履修認定は行いません。

■ 受講後

Q1.「履修(修了)証明書」は、いつ頃届きますか?
A1.認定者のみに9月末日に発送する予定です。講習を受講してから「履修(修了)証明書」が届くまでに最短で2ヶ月弱かかりますので、修了確認期限を延期されている方はご注意ください。修了確認期限までに修了確認申請が間に合わない場合がございます。