MENU
×閉じる

新型コロナウイルス感染症への本学の対応
【情報まとめ】

2020年度前期全期間における遠隔授業実施および定期試験について

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の一部地域における解除が見込まれています。しかしながら、感染の収束は未だ不透明で、感染リスクがなくなったわけではなく、世界を例にみても再び感染が広がる可能性も十分に考えられます。

本学ではインターネットを介した遠隔授業の実施を5月末まで予定しておりましたが、学生の皆さんの健康と安全を第一に対面授業の再開について慎重に議論を重ねた結果、多くの関係者が特定警戒都道府県との往来等、地域をまたぐ移動を避けられないと判断し、感染リスクの危険性からも前期の授業をすべて遠隔授業とし、8月1日から7日に予定していた前期定期試験は実施しないことを決定いたしました。

成績評価方法については、後日、科目担当教員より授業内試験や課題提出など別途指示がありますので、教員の指示に従ってください。そのほか、必要な案内は追って担当部署より学生ポータル等にてお知らせいたします。

学生の皆さんにより良い教育が提供できるよう教職員一丸となって、この困難を乗り越えて参りたいと思います。学生の皆さん、および教職員の安全を考慮し、このような決断に至りましたこと、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

2020年5月14日
白鴎大学学長 奥島孝康