白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

経営学部

教員紹介詳細

教員氏名 Neil Thomas Millington(ニール トーマス ミリントン)
職名 講師
最終学歴・学位 Lancaster University
専門分野 Doctor of Philosophy in Applied Linguistics (Language Learning Motivation)
学協会活動 JALT/JACET/Language Teaching Professionals/Gallery Teachers
【主な著書・論文等】
私は2017年5月にPhD論文を出版したのに加え、外国語としての英語の様々な側面から多数の論文を単著、共著している。また最近大学生向けの中級レベルの英語リーディング教材を共著しセンゲージラーニングから出版した。このテキストは各ユニットごとに日本と世界の姉妹都市をテーマにしたリーディング問題となっている。さらに dreamreader.net と呼ばれる世界中の英語学習者や先生のための無料リーディングプラクティスウェブサイトの開発をし、500を超えるオリジナルグレードリーディングレッスンのアクセスを提供している。また The British Council Magazine, Language Teaching Professionals, EFL Magazine,Gallery Teachers など、いくつかの online magazine のコラムも書いている。


◆◆◆◆◆ その他 研究内容・学生へのメッセージ ◆◆◆◆◆
【現在の研究テーマ】
私の主に興味のある研究分野は言語習得においてのモチベーションである。最近は、博士論文" temporal perceptions of second language learning motivation in Japan ”を完成させPhDを修了させた。この長期的質的研究の目的は、日本人大学生の異なった年齢グループにおいてのモチベーションの変動について研究し、彼らのモチベーションの意識の発見や一学年にわたってどのようにモチベーションが発展するのか考察した。前期、後期の一年コースにわたり英語学習に向けられた参加者の発展する概念や英語に向けられた彼らの態度の変動について解明を試みた。すなわち、この研究は何がこれらの学習者を動機づけ、また3つの年齢グループ間のモチベーションの意識の違いは何か、英語に向けられた意識的感情や態度はどのようなものか、彼らの英語学習の旅を通じてモチベーションのアクションの変動についての解明を努め論じている。

【学生へのメッセージ】
私は学生の皆さんに英語を教えることを楽しみにしています。私の哲学はシンプルで、学生に私の授業を楽しんでもらい、何か新しいものを授業から学んでもらいたいと思います。私の責任は、全ての授業の全ての学生に刺激のある授業をすることだと信じています。それゆえに興味深い教材や授業においてのフレンドリーな雰囲気作りなどベストを尽くしたいと思います。