白鴎大学総合図書館
 
 
 

トップページ > 利用者別のご案内 / 学内の方

利用者別のご案内

学内の方

貸出

手続きには、学生証または身分証明証が必要です。
「館内」「禁帯出」ラベルが貼付されているものは貸出できません。
貸出の種類・期間
区分 冊数 期間
一般貸出 学部学生
科目等履修生・聴講生
5冊 14日
大学院生
研究生
15冊 30日
研修生(LS研修生除く) 3冊 14日
教職員 40冊 90日
特別貸出 卒論資料 5冊 30日
実習資料 5冊 実習終了日翌日返却

マイライブラリについて

マイライブラリのページから、文献複写・図書貸借の申込と状況照会、図書購入依頼の申込と状況照会、貸出・予約状況照会、貸出延長手続などを行うことができます。

延長

借りている本の貸出期限は1回だけ延長することができます。貸出期限内にその本を持参の上、カウンターにて延長の手続きをしてください。ただし、予約が入っている場合は予約が優先となります。 この手続きは”マイライブラリ”から行うこともできます。

予約・取寄せ

借りたい本が貸出中の場合、返却後、優先的に借りられるよう予約をすることができます。また、本館または分館にある図書を取寄せて利用することができます。「貸出予約申込票」に記入しカウンターまでお持ちください。この手続は“マイライブラリ”から行うこともできます。取寄せ本の到着時間の目安は館内に掲示しています。

購入希望図書申込

卒論、レポート作成等で必要な図書が図書館には所蔵していないなど、 学習や研究の為に図書館で購入して欲しい図書があった場合は、購入希望の申し込みをすることができます。
カウンター前の記載台に「購入希望図書申込書」を用意しています、ご記入のうえカウンターに申し込んでください。
なお、申し込みをした図書の全てを購入するわけではありません。
大学図書館は公共図書館とは違い、教育、研究を主とする図書館です。
実用書、趣味の本、受験問題集(書き込み式)、漫画などは原則として購入していません。

[方法1] マイライブラリを利用する。
[方法2] 「購入希望図書申込書」を提出する。

返却

必ずカウンターの館員に手渡しで返却してください。返却期日は本の裏表紙の「DATE DUE」で確認してください。
返却は、本館・分館のどちらでも可能です。

延滞

返却が遅れると延滞者リストとして図書館入り口前の掲示板に貼り出されます。
※ペナルティー
返却期日を7日以上過ぎますと、延滞した日数分、貸出禁止となるペナルティーがつきます。

紛失・汚損

万一、紛失および汚損した場合は、すみやかにカウンターまで申し出てください。原則として現物にて弁償していただきます。また、資料への書き込みやページの切り取りなど、資料として利用できなくなった場合にも弁償していただくことがあります。

複写物の取り寄せ(本館⇔分館間)

本館⇔分館間の複写物を取り寄せることができる有料のサービスです。このサービスは、学内の方のみ利用できます。到着時間の目安は館内に掲示しています。

・本館所蔵資料の複写物を取り寄せる(分館に提出)

複写物取り寄せ申込書のダウンロード pdf


・分館所蔵資料の複写物を取り寄せる(本館に提出)

複写物取り寄せ申込書のダウンロード pdf

他大学図書館等への文献複写・現物貸借申込


本学で所蔵していない資料を他大学から借り受けたり、文献のコピーを取寄せることができる有料のサービスです。このサービスは、学内の方のみ利用できます。

[方法1] マイライブラリを利用する。
[方法2] 「ILL(文献複写・現物貸借)申込書」を提出する。

他大学等への文献複写・現物貸借(ILL)申込用紙のダウンロード  pdf


より詳しいご案内は、
 文献複写については、「文献複写を申込む(ILLサービス)」
 現物貸借については、「現物貸借を申込む(ILLサービス)」

をご確認ください。


レファレンスサービス


レファレンス申込書のダウンロード pdf


図書館ではレファレンス質問を受け付けております。3開館日以内になんらかの回答をいたします。


[方法1] 電子メールで申し込む。
lib@ad.hakuoh.ac.jp
※件名に「レファレンス質問」とお書きください。
[方法2] 図書館カウンターで申し込む。
[方法3] FAXで申し込む。
[方法4] 電話で申し込む。

電話によるレファレンス質問も受け付けておりますが、所蔵機関調査、聞き間違いが生じやすい外国語の文献についての問い合わせ等は、電子メールをご利用いただくか、直接図書館カウンターまでお越しくださるようお願いいたします。

オンラインデータベースの利用案内


利用について
オンラインデータベースのページから、各種データベースにアクセスすることができます。
下記のデータベースは利用申請が必要です。必要に応じて、図書館カウンターに申請してください。


・Lexis.com
世界最大級の法律関連データベースを保有し、世界各国の法令・判例・特許・法律関連文献などをオンラインで提供。世界各国のニュース、企業情報、海外放送番組(テレビ・ラジオ)の生原稿なども収録。法律分野以外の情報も豊富です。


Lexis.com 申込書のダウンロード pdf


グループ学習室・ゼミ室(分館)の利用について

図書館には、グループで討議しながら学習できる「グループ学習室」(本館2室・分館4室)と「ゼミ室」(分館2室)があります。部屋にはホワイトボードを設置しています。持ち込みパソコンでインターネットにアクセスすることもできます。「グループ学習室」、「ゼミ室」を利用するときはカウンターで手続きをしてください。

部屋名 利用可否
○は利用可、×は利用不可
利用方法 利用条件
本館グループ学習室
(定員3〜8名)
・学部学生
・科目等履修生
・聴講生

1.カウンターに設置の「グループ学習室使用状況」画面で、希望する部屋が空いているかを確認してください。
使用したい時間帯が決まったら、カウンターに学生証を提示し、利用した時間帯を口頭で申請してください。
1回の申し込みで、申請できるのは1グループにつき1部屋、3時間までです。

予約は、1週間前から可能です。(当日予約も可)
事前に予約した学習室を使用する場合は、カウンターで学生証を提示し、その旨お伝えください。

2.利用予定時刻になりましたら、「利用証」をお渡しします。
利用中は「利用証」が外から見えるようにしておいてください。
利用予定時間から15分を経過しても利用がない場合は、予約を取り消します。

3.利用終了時刻までに「利用証」を返却してください。

4.次の予約が入っていなければ、1回に限り、3時間まで延長可能です。
利用終了時刻10分前から終了時刻までの間にカウンターで延長の手続きをして下さい。
延長の手続き際は、学生証と「利用証」を持って来てください。

【利用上の注意事項】
・部屋は防音ではありません。お互いに、他の利用者の迷惑とならないよう注意してください。
・グループ学習室・ゼミ室での飲食は禁止です。
・次の利用者のために、ゴミは各自で片付けてください。

・3名以上
 
・1回の申請で1部屋3時間まで
・大学院生
・研究生
・LS研修生
×
・教職員
分館グループ学習室
(定員3〜18名)

・学部学生
・科目等履修生
・聴講生
・大学院生
・研究生
・LS研修生
×
・教職員
分館ゼミ室
(定員3〜12名)

・学部学生
・科目等履修生
・聴講生
4階ゼミ室のみ
・大学院生
・研究生
5階ゼミ室のみ
・LS研修生
5階ゼミ室のみ

試験期間中は
不可
・教職員

学外の方

学外の方はこちらのページをご覧ください。