白鴎大学総合図書館
 
 
 

トップページ > 資料をさがす/図書館にある情報 > 貴重書

図書館にある情報
フローチャート式「情報の探し方」も参考にしてください→ こちら

貴重書

簿記学の原点 パチョーリ「スムマ・デ・アリスメティカ」第2版
本書の表題は「算術、幾何比および比例総覧」で、内容は、1.算術と代数、2.商業実務への応用、3.簿記、4.貨幣・度量衡・両替、5.幾何学の理論と応用の5つの部分からなる。実践的目的から当時一般貴族の用語であったラテン語ではなく、庶民の言葉であるイタリア語で著された。3番目の簿記についての部分が簿記学の最初の記述として特に貴重である。