白鴎大学総合図書館
 
 
 

トップページ > 資料をさがす/図書館にある情報 > 雑誌

図書館にある情報
フローチャート式「情報の探し方」も参考にしてください→ こちら

雑誌(magazine, journal)

雑誌とは、定期または不定期に、終期を予定しないで継続的に発行される出版物のことで、論文や記事が収録されています。出版まで時間のかかる図書よりも、速報性があるという点、一定の編集のもとに、多様な論文や記事で構成されている点に特徴があります。最新情報や単行書になりにくい主題・分野の情報を入手するのに役立ちます。レポートや論文を書く際にも図書とならんで雑誌に掲載された論文や記事が重要な参考文献になります。


雑誌には以下のようなものがあります。


1.商業雑誌:書店などで一般に販売される雑誌。その種類は4000種以上。
2.学術雑誌:おもに学術団体や学協会の会員を対象に頒布される学会誌や協会誌、大学や研究所などで発行される紀要など。
3.業界紙:ある一定分野の業界の情報を中心とした内容のもの。
4.同人誌:同好の人が編集・発行し、作品などを発表する雑誌。
5.社内誌・社内報:会社組織内での広報を目的とする刊行物。
6.PR誌:消費者などを対象とした商品や会社の広報誌。
7.ニュースレター・会報:ページ数は少ないが速報性の高い刊行物。
8.ムック(mook):単行書形態で出版されるものが多い。Magazineとbookの合成語。本学では図書扱いです。
9.電子ジャーナル:オンライン上でのみ情報提供している雑誌。急激に増加する傾向にあります。


雑誌は長期保存に耐えにくい紙質のものが多いので、一定期間経過後、巻号ごとや年度ごとにまとめて製本し、保存しているものがあります。表紙が付けられ、外見が変わりますので注意してください。


雑誌論文を調べるとき、OPACでキーワードを入れてもヒットしません。なぜかというと、OPACには個々の雑誌に掲載された論文名や論文著者は収録されていないからです。そこでまずは自分が必要とするテーマに関係する論文が、いつ、どの雑誌に掲載されたのかを調べなくてはいけません。


雑誌論文に辿りつくまでのデータベースや、雑誌の情報を得るためのコツは→フローチャート式「資料の探し方」