ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

白鴎大学2019 大学案内

開学以来続く白?の学業特待制度学費面でのサポートを生かして資格取得や留学にチャレンジしよう!優秀な学生の経済的な負担を少しでも軽減し、安心して学業に専念できる環境を整えるために、白?大学には、1986年以来30年以上続く、独自の学業特待制度があります。この制度によって減免された費用を資格取得や留学の資金に充てるなど、全定員の1/3以上、つまり3人に1人が学業特待生として充実した学生生活を送っています。4年間の学費合計は240万円。国立大学より安い学費で学べます。学業特待生は1・2年次の2年間、学費が減免されます。1・2年次の成績優秀者は、3・4年次に後期学業特待生として、学費が減免されます。4年間、学業特待生として学ぶと、学費合計は240万円。国立大学(約242万円)よりも安い学費で学ぶことができます。資格見直し経営学部法学部学業特待生一般学生1年次81万円(入学金含む)43万円減免1年次124万円2年次53万円3年次53万円2年次96万円4年次53万円43万円減免43万円減免43万円減免(入学金含む)資格見直し3年次96万円差額172万円4年次96万円4年間学費合計240万円4年間学費合計412万円一般学生との差額4年間で172万円教育学部学業特待生一般学生1年次81万円(入学金含む)2年次53万円3年次53万円4年次53万円47万円減免47万円減免47万円減免47万円減免1年次128万円(入学金含む)2年次100万円差額3年次100万円188万円4年次100万円4年間学費合計240万円4年間学費合計428万円一般学生との差額4年間で188万円国立大学(標準額)1年次81万7,800円(入学金含む)2年次53万5,800円3年次53万5,800円4年次53万5,800円4年間学費合計約242万円(2018年度実績、諸費用除く)入学手続き締切は、国立大学合格発表後。(一部の国立大学を除く)白?大学の“学業特待合格者”の入学手続き締切日は3月7日(学業特待3月、学特センター単独入試後期の締切日は異なります)。国公立大学の前期合格発表後に入学手続きが可能です。学業特待入試の受験チャンスは最大8回。1月以降はセンター試験の得点が利用できます。12月8日1月19日・20日2月25日? 3月初旬3月7日学業特待入試を受験合格センター試験を受験受験可国公立大学(前期)を受験受験可国公立大学合格発表白?大学入学手続き全国11都市で受験が可能。学業特待入試は、本学のほか、最大11都市の試験会場で受験できます。誰でも受験できます。(推薦入試合格者も含む)特別な受験資格はありません。学業特待生の募集は全定員の1/3以上。多くの学生が学業特待生として学んでいます。本学のほか、青森・盛岡・仙台・秋田・山形・郡山・水戸・高崎・大宮・東京・新潟学費全額免除者選考も実施。学業特待合格者にさらなるチャンス!学業特待12月・1月入試での成績上位者には、面接選考を経て学費を全額免除する制度があります。受験のチャンスは最大8回!本学受験型12月・1月・2月・3月の4回実施します。1回の試験で最大3学科(教育学部は2専攻以内)まで併願できます。1月・2月入試では大学センター試験の得点も利用できます。学業特待で合格にならなくても、一般合格のチャンスがあります。センター利用型前期(2回)・後期(2回)の計4回、出願のチャンスがあります。大学入試センター試験3科目の得点で審査。選択科目は、地理歴史・公民・数学・理科も対象。1回の出願で最大3学科(教育学部は2専攻以内)まで併願できます。86HAKUOH UNIVERSITY 2019