ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

白鴎大学2019 大学案内

学生一人ひとりの将来を手厚くサポートキャリア支援公私立幼稚園・保育園・認定こども園への就職882017年度人過去7年間の内訳(単位:人)年度2011201220132014201520162017幼稚園49503449395643保育園46544443374745合計9510478927610388(認定こども園を含む)児童教育専攻の幼児教育・保育コースでは、幼稚園教諭一種免許状と保育士資格がダブル取得できます。以前併設していた短期大学幼児教育科の信頼と実績もあり、幼稚園教諭・保育士の採用はほぼ100%の実績です。公立の小中高教員採用試験の正規合格者2017年度過去最高の171人合格本学の、教員をめざす学生支援の取り組みの成果は、年々増加している教員採用試験の合格実績に表れています。合格者数は年々増加し2017年度は171人です。なかでも小学校教員採用試験の現役合格率は56.3%と、全国平均(36.1%)を大きく上回っています。過去7年間の内訳(単位:人)年度2011201220132014201520162017新卒/既卒新既新既新既新既新既新既新既小学校2717382139544461485973697675中学校0711158312111810412高等学校01020200020300特別支援学校01030403011522小計2726393744684776497382878289合計5376112123122169171教職支援教職支援アドバイザーに経験豊富な教員OB・OGを配置本学では、教職課程を履修する学生が早期から試験対策に取り組めるよう、1・2年次から「教職支援スタートガイダンス」を開講しています。さらに3年次よりはじまる「教職セミナー」や「論作文・面接セミナー」など、多彩なカリキュラムで教員をめざす学生をサポートしています。また、元校長などの現場経験が豊富な教員OB・OGを教職支援アドバイザーに迎え、採用する側の立場から、教職教養の補習や論作文の書き方、個人面接や模擬授業などの実践的な指導を行っています。教育の現場を体験できる「スクールサポート」多くの教員志望者をバックアップする制度が「スクールサポート」です。教育現場での体験を希望する学生が、地域の小・中学校で現職教員の指導のもと、週1回~3回程度、児童や生徒の学習活動や部活動等の支援をするもので、2年次から参加することができます。2006年度から小山市内の小中学校の支援を開始し、現在は計4市に拡大。教育スクールサポート事業の組織図大学学校インターンシップ支援部会連携・調整教育委員会実習前から教育現場での経験を積むことができ、「目標や課題を発見できる」「教育実習にスムーズにすすむことができる」と、学生からも好評です。本学で教員をめざす学生には、地域と連携しながら、学生一人ひとりが学校現場を体験することで経験を積み、実践的指導力を磨く機会が用意されています。スクールサポートの実績数年度栃木県小山市栃木県下野市2015305人31校37人15校2016270人33校33人15校2017262人31校56人14校学生支小中学校等学校インターンシップ支援部会は、スクールサポート事業において近隣市町村の教育委員会と連携し、学生を各小中学校等へ派遣する調整役を担っています。援茨城県古河市茨城県結城市計23人11校?365人57校10人7校26人4校339人59校9人7校30人5校357人57校「教職支援講座」派遣学生の延べ人数/支援学校数68HAKUOH UNIVERSITY 2019