ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

白鴎大学2019 大学案内

進路支援就業意識を高める「インターンシップ」学生が職業への理解を深めるために、在学中に一定期間、企業や官公庁で就業体験を行う「インターンシップ」。本学では、全国各地の企業とインターンシップを希望する学生とをつなぐ「インターンシップ・キャンパスウェブ」を活用して学生を支援するほか、春休みには地元企業等の協力のもとに行う「白?大学春期インターンシップ」を開催しており、毎年たくさんの学生が金融や流通、ホテル・観光など、さまざまな業種のインターンシップに積極的に参加しています。インターンシップでは、就業体験はもちろんのこと、業務を通してビジネスの基本的なマナーをはじめ、プレゼンテーション能力やその業界の専門的知識を身につけることができます。関心ある業界・業種の現場を体験することは、絶好の企業研究や業界研究につながります。社会に飛び立つ前に職業意識を高めることができるすばらしい制度だけに、毎年数多くの応募があります。本学の学生を受け入れてくれる協定先企業も増え、体験するチャンスは十分に確保されています。経営学部や教育学部では、インターンシップが単位認定される授業もあります。インターンシップ体験者「企業で働く自分の姿が少し思い描けるようになった」渡辺悠介さん経営学部4年出身校:栃木県立宇都宮南高等学校金融業界に興味があり、地元銀行のインターンシップに参加しました。ゼミの先輩たちの就職活動を見て、3年次の早い時期から仕事の現場や雰囲気を肌で感じたいと思ったのがきっかけです。当日はまず、業務内容についての説明を受けた後、企業の方に指導いただきながら仮のお客様に融資などを説明する業務体験をしました。さらに行員の方々との座談会で現場の生の声を聞けたことで、自分が社会で働く具体的なイメージを持つことができました。大学での学びを自分の強みとして就職活動につなげていくために、学業に取り組む意欲がより高まったことも大きな成果です。公務員支援試験対策講座・各種セミナーで万全のサポート公務員をめざす学生には、同試験で高い合格実績を持つ予備校講師を招いて「公務員試験対策講座」を開講。国家・地方上級コース、市町村職員コース、警察官・消防コースの3つのコースから選択が可能で、具体的な対策による高い学習効果が期待できるため、多くの学生が受講しています。また、官公庁の採用担当者や卒業生を招き「公務員セミナー」を頻繁に開催するなど、仕事や職種の理解を深めたうえで試験に臨むことができます。公務員試験対策講座受講者「プロ指導のおかげで効率よく勉強することができます」高瀬英雄さん法学部4年出身校:栃木県立鹿沼東高等学校将来は消防士になることが目標です。採用試験に向けて、「公務員試験対策講座」を受講しています。実は3年次のはじめに本格的に公務員試験の勉強をしようと参考書を購入しましたが、あまりの範囲の広さにどこから手を付けてよいかわかりませんでした。そこで大学が開講しているこの講座に参加することを決めました。講義では出題率の高い問題の分析から採用試験の勉強法まで、詳しく指導してくれます。公務員という同じ目標に向かって、受講生どうし刺激しあうことで、勉強にも熱が入ります。2017年度公務員現役合格者2017年度115*人合格毎年、公務員採用試験で確かな実績を上げている本学。2017年度は法学部を中心に115人が現役合格しました。内訳は栃木県警などの警察官が41人と最多で、県庁・市町村職員が24人、消防官13人などとなっています。●国家公務員:2人●県庁・市町村職員:24人●公立保育士:20人●警察官:41人●消防官:13人●自衛官:15人全学部における延べ合格者数HAKUOH UNIVERSITY 201967