ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

HAKUOH_DigitalBook

卒業生インタビュー■就職までの軌跡入学1年次2年次3年次4年次英語の授業が楽しい大好きな英語を使える職業に就きたいと漠然とイメージする。ココが転機!英語教員になろうと決意スクールサポートで教育の現場に触れ、教員という仕事に興味を深める。就職先福島県中学校教諭ネイティブスピーカーの先生のゼミを選ぶ発音がきれいな英語の先生になりたい。積極的に英語に触れる環境を増やした。中学校教諭として活躍!教職セミナーで弱点を克服地元の福島県1本に絞り、教員採用試験に向けて猛勉強。ゼミの先生や仲間たちの応援も励みに。卒業英語が好きになる授業を心がけ生徒たちの未来を切り拓く力になりたい緑川香澄さん2018年3月卒業出身校:福島県私立いわき秀英高等学校地元の福島県内の中学校で、英語の授業を担当しています。大学に入学した頃、教員は漠然とした憧れでしたが、2年次でスクールサポートや家庭教師を経験し、教育を通して子どもたちの成長に関われる仕事に就きたいと真剣に思うようになりました。目標を定めたことで、大学で何を学ぶべきかをより意識するようになり、ネイティブスピーカーの先生が担当するゼミに入り、会話力と発音を磨きました。卒論では中国と日本の英語教育の違いについて研究し、日本の英語教育の課題を知るとともに、どのようにしたら質の良い授業が展開できるのか、ゼミ仲間たちともディスカッションを重ね、深く考えることができました。また3年次の後期からは毎日開催されている教職セミナーで、自分の不得意分野を中心に補えたことが、教員への道へつながったと感じています。卒業後1年間は、事情があって学校に行けない子どもたちの勉強をサポートする福祉施設に在職しました。さまざまな問題を抱えた子どもたちと向き合った経験も、今後の教員生活に生かされるものだと感じています。生徒たちには、まずは英語を好きになってもらえるように、英語で話す楽しさや親しみを感じられる授業を心がけています。グローバルな時代を迎える中で、物怖じせずに外国の人たちと積極的に交流できるような生徒を育てていくことが目標です。経営学部経営学科法学部法律学科学びのTOPICS小学校の英語必修化・教科化で求められる英語指導者の人材2020年度より、外国語活動が小学3年生から必修化、小学5、6年生は英語が教科化されます。教育内容自体も、単なる語学教育ではなく、異文化の理解を深め、積極的にコミュニケーションを図る態度を育成していく、という方向性に向かっています。つまり「英語ができることは当たり前」という時代が徐々に近づいているといえます。英語教育専攻では、こうした背景も踏まえ、少人数編成のネイティブスピーカーとの対面授業により、英語を使ったコミュニケーション能力を磨き、直接異文化を理解できる機会を多く設けています。これまで本専攻では中学校・高等学校の教員だけではなく、小学校の英語指導者として活躍できる人材を多く輩出してきました。今後は小学校の英語指導者としての活躍の場も、さらに広がっていくと考えています。語学を自主的に学ぶための環境が整う『ランゲージコモンズ』本学の総合図書館大行寺分館には、語学学習と異文化交流活動のための『ランゲージコモンズ』が設けられています。英語の発音練習ソフトを備えたコンピュータ・ワークステーションやレベル別英語リーディング教材、グループワークのためのコーナーが配置され、学生の自主的な学習に役立てられています。また、ネイティブスピーカーの教員や留学生と会話の練習をしたり、相談をしながら課題に取り組んだりすることができます。教育学部発達科学科英語教育専攻HAKUOH UNIVERSITY 202055