ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

白鴎大学2018 大学案内

卒業生インタビュー就職先栃木県小学校教諭■就職までの軌跡入学1年次2年次3年次4年次海外研修で英語力をUP1年次にハワイ、3年次にインディアナへ。教育現場での自信につながった。スクールサポートに参加ココが転機!教育実習を経験教員採用試験対策スタート小・中学校で実習をして目標が明確に。教員試験の勉強を始める。教員採用試験に合格!社会言語学のゼミで研究小学校英語の特性や教育法について学びを深める。卒業英語教育の専門性が現場での強み先生方の教えを日々実践しています柳岡沙綾華さん2016年3月卒業出身校:栃木県立宇都宮中央女子高等学校教員になることが昔からの夢で、英語が好きだったこともあり、英語教育専攻を選択しました。入学時はいずれの教育分野に進むか迷い、中・高の英語科の免許と併せて小学校の教員免許の取得もめざしました。こうした中で、地元小学校でのスクールサポートや塾講師のアルバイトを通して幅広い年代の子どもたちと関わり、中学校と小学校での教育実習も経験し、児童を多方面から見守りながら成長を側で感じられる小学校教諭に目標を絞りました。教員採用試験では、大学の教職支援室からの全面的なサポートで、面接や論文などを指導していただき、徹底的に対策を講じました。ゼミの先生をはじめ専攻の先生方も連携して私を支援してくださり、現役で栃木県の小学校教諭に本採用となりました。現在は2年生のクラスの担任をしています。学生時代に教員経験のある先生方から学んだ子どもや保護者との関わり方や仕事への心構え、また子どもに共感・肯定的な言葉がけをするといった教えを日々実践。小学校の英語授業では、アクティビティ中心に楽しく学ぶことを大切にしています。小・中・高すべての教育免許を取得し、その学習内容を理解していることを強みに、中学校の英語学習にうまくつなげて、英語好きの子どもを増やしたいと思っています。経営学部経営学科法学部法律学科H A K U O H N E W S P A P E R小学校の英語必修化・教科化で求められる英語指導者の人材2020年度の学習指導要領より、英語教育が小学3年生から必修化、小学5・6年生は教科化されることが決定しています。教育内容自体も、単なる語学教育ではなく、異文化の理解を深め、積極的にコミュニケーションをはかる態度を育成していく、という方向性に向かっています。つまり「英語ができることは当たり前」という時代が徐々に近づいているといえます。英語教育専攻では、こうした背景も踏まえ、少人数編成のネイティブスピーカーとの対面授業により、英語を使ったコミュニケーションを磨き、直接異文化を理解できる機会を多く設けています。これまで本専攻では中学・高等学校の教員として英語を教える学生を多く輩出してきました。今後は小学校の英語指導者として活躍の場も、さらに広がっていくと考えています。最新の発音練習ソフトでネイティブスピーカーの発音を修得白?大学では、自分が話した英語を音声認識ソフトが診断し、間違った発音をチェックしてくれる、最新の発音練習ソフトを導入しています。専用のパソコン室で学生は自由に使用することができ、授業の空き時間などを活用して練習することも可能です。自分のレベルに合わせて取り組めるので、ゲーム感覚で楽しみながら、無理なく確実に英語のスピーキング能力を高めることができます。教育学部発達科学科英語教育専攻大学院HAKUOH UNIVERSITY 201855