ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

白鴎大学2019 大学案内

学びの特色英語の4技能である「読む」「書く」「聞く」「話す」力を段階的に高め、英語の実践的運用能力へとつなげる科目を設置しています。さらに多彩な英語教育科目で、中学校・高等学校の英語教諭をはじめ、小学校で英語を指導できる教員養成にも力を注いでいます。語学研修や海外留学のプログラムなど、異文化理解力を備えた国際人としての素養を深められる学びも充実しています。教室の外でも英語があふれる大学のキャンパス幅広い学びから自分の興味あるテーマへと近づいていく経営学部経営学科日下白?大学は留学する人が多く、キャンパ日下1年次は、必修科目がとても多かったです。スにはいろいろな国からの交換留学生もたくさんいて、最初は驚きました。中高生のときから未来の夢は教員一本。世界に目が向いたのは大学に入ってからです。柿木あとで振り返ると、2年次以降の授業は1年次の必修の発展であることがわかりますよ。さきほどの「異文化間コミュニケーション論」も必修の「異文化理解」がベースになっています。柿木ネイティブスピーカーの先生も多いですし、日下学年が進むと、学び方も変わってくるので国際色豊かなイベントもあります。英語を勉強するしょうか。環境はとても整っていますよね。海外研修は行きま柿木私の場合は、どんどん絞られて深くなる感じしたか?私は1年次にアメリカのインディアナ大でした。1年次は語学に力を入れ、2年次は異文学、3年次はハワイ大学へ短期研修に行きました。化間理解に努め、3年次には「こうして学んできた日下私も1年次の夏のプログラムでハワイ大ことを生徒に伝えたい」という思いで教員採用試験学に行きました。同世代の海外の学生たちと話して「そんなふうに考えているのか」と思うことも多く、参加してよかったと思っています。国際交流ラウンジにも週に1回くらいは行って、留学生と会話してに向けての勉強に打ち込みました。いろんなことを勉強していくうちに、自分が一番興味のある「アクティブラーニング推進の背景」というテーマにたどりつき、4年次のゼミの卒業研究に選びました。います。日下大学院に進学されたとお聞きしました。柿木英語の授業でもコミュニケーションを大切に柿木はい、国立の教職大学院に進み、「学びしています。「異文化間コミュニケーション論」は2年次から履修できますが、すごくおもしろいですよ。日下どういった授業ですか?柿木たとえば家にお客さまを迎える場合、日本人はおもてなしをするのがいいことだと考えますが、合い」について研究を続けています。中学高校の教員免許は取得していますが、小中一貫教育の流れもあるので、大学院では小学校教員の免許も取るつもりです。日下さんは将来の目標はありますか。アメリカなどでは逆に「好きなことをしていいよ」と日下私は教員志望だったのですが、この一年で突き放すほうがアットホームでよいとされているんだそうです。そうした違いが生じる背景を考える授業なのですが、留学生の参加が多い科目だったので、各国のカルチャーの違いについて、活発な議論で盛り上がりました。もっと世界と関われるような道を考えるようになりました。英語力と教育で貢献できるJICAや海外青年協力隊のようなところで貧困地域の教育や日本文化の普及教育に携われたらと、今は思っています。柿木すばらしいですね。お互いがんばりましょう。PICK UP!私のおすすめ科目はコレ法学部法律学科教育学部発達科学科英語教育専攻「異文化理解も学べる英語の授業が新鮮です」「Communication Skills」では、個性豊かなネイティブスピーカーの先生から〝生きた〟英語を学びます。先生が用いる映像や会話の内容は私たちの想像力を刺激し、視野を広げてくれます。まさにアクティブラーニングです。「私のアクティブラーニング研究の原点です」異文化への認識や交流のあり方を強く意識付けられた授業が「異文化間コミュニケーション論」でした。授業で体験したアクティブラーニングは、大学院での私の研究テーマに発展しました。日下裕之さん教育学部英語教育専攻2年出身校:千葉県立佐原高等学校「Communication Skills」多様なテーマを素材に、スピーチ、ディベート、ディスカッションなど広範な英語力を養う。柿木幸栄さん教育学部英語教育専攻2018年3月卒業出身校:栃木県立宇都宮中央女子高等学校進学先:上越教育大学教職大学院「異文化間コミュニケーション論」異文化間の隔たりと適応スキルについて、留学生も含め学生が主体となって学び合う。HAKUOH UNIVERSITY 201949