ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

HAKUOH_DigitalBook

学びの特色■幅広いスポーツ種目を経験し、多彩な実技の実践力を身につける■質の高いスポーツ指導や支援を可能にする実践的技能を身につける■社会におけるスポーツ文化の普及の実践者としての基礎的能力を身につける■自らの関心に基づき、特定の領域を深く掘り下げて科学的に探究する人を元気に明るくするスポーツの魅力を広く社会に発信していきたい経営学部経営学科〝体験〟から〝指導〟へ視点を変えることも大学の学び内田でしたか。清野清野さんは1年間、大学で過ごしていかが1年次はいろいろな競技の実習の授業がありますが、理論を踏まえた競技の理解に比重がおかれているのが新鮮でした。正しいフォームを学んで陸上のタイムがグンと上がったり、苦手な鉄棒で後方支持回転ができるようになったり。私は体育の教員をめざしていますが、先生の指導力のすばらしさに、的確な指導があれば競技技術が伸びることを実感し、教えることの大切さを学びました。内田この専攻はスポーツが得意な人が多い。でも教員や指導者になるためには、苦手な子にも「できた」という喜びを感じさせてあげることが大切です。自分がスポーツをやる立場から教える立場へと視点が変えられた体験はとても重要だと思います。その気づきを2年次以降も生かしてほしいですね。清野大学時代にやるべきことはありますか。内田スポーツ好きが集まる専攻なので、みんな明るくて活発ですよね。すばらしい友人たちと出会えます。私は授業時間以外も仲間といろいろなスポーツにチャレンジしました。それぞれ得意なスポーツがあるので、お互いに教えあうことができ、新たな発見がありました。みんなで盛り上がって楽しみながらやりましたが、意外と将来に生かせることだったりしますよ。幅広い選択肢の中から自分らしい将来が見つけられる清野内田さんは4月から教員になられたそうですね。ずっと教員をめざしていたのですか。内田入学当初はそうでした。でも3年次から運動生理学のゼミに入り、運動能力を高める筋肉や体のしくみに興味を持ち、もっと学びたくなって大学院進学を考えだし、迷いに迷いました。清野教員になる決断をされたのはなぜですか。内田やはり教育実習が大きかったですね。中学3年生を担当しましたが、この世代の抱えている悩みや苦しみを感じ取り、ああ、この子たちを支えていく仕事をしたいと強く思いました。大学時代にはいろいろな体験をして迷ったほうがいい。それでもこの方向へ行こうと決めた覚悟は強いと思います。清野2年次以降は、授業の選択の幅も広がるので、私ももっと視野を広げたいです。内田教員以外にも、スポーツに関するマネジメントについて学んだり、スポーツに関わる仕事をされている方に現場の話を聞ける授業もあります。インターンシップでスポーツクラブなどを体験するのもいいでしょう。私のゼミでも、最初は教員志望だったけれど、もっと広く社会の役に立ちたいと消防士や警察官になった仲間もいますよ。清野いろいろな専門を持つ先生方がいるので、私も積極的に授業をとりたいと思います。法学部法律学科教育学部発達科学科PICK UP!私のおすすめ科目はコレ「陸上運動」走る、跳ぶ、投げる基本とはどのようなものか。正しい理論、安全な練習方法、指導方法を学ぶ。「運動生理学」神経系、骨格筋系、呼吸循環器系などの機能が、運動やスポーツをすることでどのように関わっているかを学ぶ。スポーツ健康専攻「記録が一気に短縮して清野理論によって導かれるまりんさん教育学部スポーツ健康専攻2年スポーツ指導の効果を出身校:宮城県宮城第一高等学校体感することができました」内田遥風さん教育学部スポーツ健康専攻2019年3月卒業出身校:新潟県立長岡大手高等学校就職先:新潟県中学校教諭「人体の不思議と可能性に思わず惹きつけられてもっと探究したい思いに駆られました」HAKUOH UNIVERSITY 202045