ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

白鴎大学2019 大学案内

学びの特色「小学校教育コース」は小学校教諭一種の免許取得をめざし、教育の専門的な知識を習得すると共に、理論と実践の連動性をはかり、実践的な指導力を身につけます。「幼児教育・保育コース」は幼稚園教諭一種免許、保育士の資格取得をめざし、幼児教育・保育の世界を多角的に学びます。さらに両コースとも3年次からのゼミナール、卒業論文で主体的に自らの専門性を探究する力を磨きます。同じ目標を持つ仲間たちと一緒にがんばれる環境がある亀田私は将来、地元で保育士になりたいと思い、栃木県で高い就職実績がある白?大学を選びました。本多さんは4月から小学校の先生になられたそうですが、やはり入学当初から教員志望だったのですか。本多はい、小学校時代に出会った担任の先生が大好きで、私も教員になりたいとずっと思っていました。この専攻には多くの学生が教員か保育士・幼稚園教諭をめざして入学しているのではないでしょうか。亀田そうですね。私の友人たちもほとんどが保育士や幼稚園教諭を希望しています。今は認定こども園があるので、私も保育士だけでなく、幼稚園教諭の資格も取りたいと思っています。同じ目標を持った仲間たちと共にがんばれる環境は、とても励みになっています。本多大学に入って1年経ちましたが、どうでしょう、勉強は楽しいですか。亀田自分の目標があって、そのために学ぶことは楽しいのですが、1年次の授業は理論など基礎的なものが多かったので、早くもっと実践的な勉強をしたいという思いはあります。本多2年次、3年次になると実技や方法論など教育や保育の現場につながる科目がぐっと増えてきます。でも基礎があっての積み重ねです。1年次になぜこれらを学んだのかという理由が、きっとこれから少しずつわかってくるはずです。スクールサポートを活用し子どもたちと接した経験が自信に亀田3年次からは実習も始まります。本多最初は不安ですよね。でも基本は授業にあります。「教育課程論」や「教育方法論」などの教職科目の講義をしっかり受けていれば大丈夫。もちろん実習では子どもたちの予想外の反応に戸惑うこともありましたが、私はその体験も含めて教員になりたいという思いを改めて強くしました。実習は、教員の仕事や役割など、直接教育現場を体験できるので、自分の将来を見つめるいい機会になります。亀田これから大学生活を送る上での、アドバイスをいただけますか。本多私は大学のスクールサポートに参加して、早期から小学校の現場を肌で感じる経験をしていたので、実習でもあまり緊張せずに子どもたちと関わることができました。亀田さんは何か子どもとふれあう機会を持っていますか。亀田大学のある小山市で、子どもたちのイベントのサポートをするボランティア活動をしています。本多とても良いことですね。3年次はゼミナール、教育実習や試験準備、そして4年次には卒論もあります。大学生活の後半は充実した時間でしたが、とても忙しくもありました。余裕がある2年次までにぜひ旅行をしたり、いろいろな体験をして視野を広げてください。子どもたちに関わる仕事をする上で、きっと役に立つと思います。亀田ありがとうございます。経営学部経営学科法学部法律学科教育学部発達科学科PICK UP!私のおすすめ科目はコレ児童教育専攻「理論として保育を学ぶ大切さを知りました」いかに自分が保育に関して知識を持っていなかったかを実感させられたのが「保育原理」。保育の意義や役割など、保育士としての基礎となる知識であり、私たちの原点なのだと思います。「大学で得た知識や理論を現場での行動のベースに」各専門分野の教員と少人数の学生とで双方向の授業が展開される「ゼミナール」と「卒業研究」。教育現場で必要となる知識と技能が身につくと感じました。さらに理論を実践につなげていきたいです。亀田美穂さん教育学部児童教育専攻2年出身校:栃木県立小山西高等学校「保育原理」保育の意義や保育制度、保育をめぐる歴史や現状など、保育と保育者のあり方への理解を深める。本多黎奈さん教育学部児童教育専攻2018年3月卒業出身校:福島県立橘高等学校就職先:福島県小学校教諭「卒業研究」4年次に履修する必修科目。3年次のゼミナールと同一の教員に指導を受けながら、卒業論文の作成を行う。HAKUOH UNIVERSITY 201935