ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

HAKUOH_DigitalBook

卒業生インタビュー就職先株式会社足利銀行就職先山形県庁どんな仕事で社会に貢献したいかじっくり考えられた貴重な4年間新井望実さん2017年3月卒業出身校:群馬県立桐生女子高等学校足利銀行の群馬県内の支店で、カスタマーアドバイザーとしてお客さまに資産運用を目的とした金融商品や保険をご提案する、個人向けの店頭営業を担当しています。白?大学の法学部を選んだのは、日常生活に深く関わる法律について興味があり、法律の知識を深めたいと考えたからです。就職に向けて大きく意識が変わったのは3年次のとき。自治体の政策課題を研究するゼミに入り、高齢者に対する施策と県の行政改革という2つのテーマに取り組み、企業誘致による地域活性化や福祉施設の増設には金融の力が重要だと気づいたことです。そこから銀行で地域経済の発展に携わることで地域貢献につなげたいと考え、金融機関への就職を志しました。就職活動では、キャリアサポートセンターなど大学の手厚い指導や励ましに支えられ、またそれぞれの目標に向かい熱意を持って取り組む仲間たちと切磋琢磨し努力を重ね、夢を勝ち取ることができました。職場では、私の提案により悩みや不安が解決して、お客さまに納得して喜んでいただけたとき、仕事のやりがいを実感すると同時に、大切な資産をお預かりする責任の重さを改めて感じています。さらに努力と信頼を重ねて、窓口で「新井さんに」と声をかけていただける、そんな銀行員をめざします。法律と社会の関わりを深く学び公務員としての土台を築きました穂積悠介さん2017年3月卒業出身校:山形県立山形中央高等学校現在、山形県庁総務部管財課の職員として、土地・建物など県が所有する財産の総括管理を担当しています。生まれ育った山形県で故郷の発展に貢献したいと思い、社会の基礎となる法律を深く学べる白?大学の法学部を選びました。1年次には法律の基本概念を、2年次からは行政系の多彩な科目を学ぶことで、行政と法律との関わりへの理解が深まり、公務員をめざすという学びの目的が明確になりました。3年次からは専門ゼミで地方自治法について深く学ぶと同時に、討論やグループワークを通して自分の意見の伝え方や議論の方法などを身につけることができました。さらに就職に向けて公務員試験対策講座を受講し試験勉強を本格化させるとともに、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨し第一志望合格という目標を達成することができました。こうして大学生活で培った力の一つひとつが、公務員として、ひいては社会人としての土台となり、日々の幅広い業務を支えています。現在は、県全体の財産管理という行政基盤の一翼を担っていますので、大きな責任とやりがいを感じています。また将来的には山形県におけるスポーツ環境の充実・発展にも携わりたいと考えています。山形県のために働くという気概を持ち、地元山形の力となれるよう志高く歩んでいきたいです。■就職までの軌跡足利銀行でカスタマーアドバイザーに!1年次2年次3年次4年次■就職までの軌跡1年次2年次3年次4年次山形県庁の職員として活躍!入教養科目で視野を広げるインターンシップに参加社会人との交流で将来を真剣に考える金融業界に目標を定め就活に挑む卒入法学の基礎に触れ、概念を理解行政に関する科目を幅広く学ぶ公務員試験に向けて勉強を本格化!公務員試験に合格!卒学30興味ある教養科目を積極的に受講して知識の幅を広げる。社会を肌で知ろうと金融機関や栃木県警で就業体験。ココが転機!HAKUOH UNIVERSITY 2020ボランティア活動で社会人の方々と接し、働く意味を真剣に考えるように。ゼミで金融業界に興味を持つ。金融業界に志望を絞り、さまざまな場所へ足を運んだ。最終的に地元に近い地銀で内定をゲット!業学法律の基礎科目を中心に学び、法律の基本概念を理解。軟式野球部に入部。勉強と部活との両立で充実した日々。公務員をめざす自分の学びの目的が次第に明確になっていった。ココが転機!公務員試験対策をスタートさせ、ゼミでは地方自治について研究。軟式野球部で全国大会優勝!第一志望の山形県庁合格をめざして万全な準備を整え、自信を持って試験に臨むことができた。業