ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

HAKUOH_DigitalBook

法学部のゼミナール専門ゼミナールPICK UP!白熱する議論が考える力を磨き伝える力を高める【民法研究】茂木明奈准教授判例研究を通して論理的思考力を養う図書館の一画にあるグループ学習室に集まったゼミ生たち。その日、民法を専門とする茂木准教授のゼミによる、白熱した議論が繰り広げられていました。茂木ゼミで主に3年次に行われる判例研究は、学生同士のディベートが中心となっています。「一つの事件を取り上げ、当事者同士がどのように主張し、それに対して裁判所はどう判断したのか。学者たちはどう評価しているのか、さらに、自分はどう考えるのかを探るのが判例研究です。こうした問いかけをしながら、自分の考えを意見としてまとめ、伝える作業を繰り返します」ゼミが始まった頃はなかなか意見を言えなかった学生も、次第に発言する機会が増え、1年目を終える頃には熱気を帯びた議論が繰り返されるようになるのだといいます。「意見を持つというのは実はそう簡単なことではありません。根拠があり、論理的であること。そのためには自分で調べて考えをまとめ、さらにその考えを組み立てて、人にわかりやすく伝える力が必要です。またその先には、相互に意見を言い合って内容を昇華させていく作業があります」3年次の週1回のゼミでは、学生たちがこうした取り組みを重ねることで、法への理解を深めるとともに、論理的な思考力を磨いていきます。社会の関心のあるテーマを法という観点から掘り下げる『自動運転による事故の責任主体』『インターネット上での名誉毀損について』『監督義務者の主体・内容・限界について』。これは昨年度、茂木ゼミで4年次の学生が取り組んだ卒業論文のテーマの一部です。市民の生活に関わる法律である民法を中心として学ぶこのゼミで2年間を過ごした学生たちは、社会や身の回りにある関心事を法律に照らし、さまざまな角度から研究活動を進め、卒業論文を作成しています。また毎年、前期に開催される学内の『学生法律討論会』に出場。事前に発表された民法の事例問題について、各参加団体の代表者が壇上で論旨を発表し、その内容について、ほかの参加団体や一般参加者との間で質疑応答を行う討論会です。他の参加団体の学生との間で切磋琢磨することを通じてできるつながりも、学生たちのモチベーションにつながっています。「民法を学ぶということは、社会を知ることでもあるのです。法律という視点から、社会のルールを考える。そして答えがない問題に対しても、自分がどう考えるか。社会の疑問に対して考える姿勢を学生には持ち続けてほしい」と茂木准教授は語ります。ゼミナール紹介法学部には29の多種多様な専門ゼミナールがあります。関心のあるテーマを選択し、専門的に深く研究しましょう。(50音順)ゲノム編集・合成生物の衝撃―テクノロジーと法の研究Ⅰ因果とプラトニックラブの研究―ケルゼン再訪阿部信行(法哲学)国際法の事例研究国際法の事例研究・論文執筆指導荒木教夫(国際法)行政判例研究Ⅰ・Ⅱ池村好道(行政法)現代税法の諸相に関する総合的研究現代税法学の課題探究伊藤悟(税法)商取引法研究商法の研究河原文敬(商法)政治学・政治哲学・政治思想史神吉尚男(政治学)自治体の政策課題児玉博昭(政策学、行政学)憲法の歴史、理論、現在清水潤(憲法、憲法史、比較憲法、法思想)刑事法ゼミ(少年法)清水晴生(刑事法)民法総合研究石川信(民法)日本の行政と地方自治市村充章(行政学、地方自治法、選挙法、議会制度)業種から学ぶ経済法経済法の現代的課題栗田誠(経済法、国際経済法)民事裁判の実務~民事模擬裁判と民事訴訟法演習家事事件の研究河野泰義(民事法)ヨーロッパの歴史を勉強します清水正義(西洋史学)事件で学ぶ会社法事件で学ぶ商法・会社法白石智則(商法〈会社法・海商法〉)28HAKUOH UNIVERSITY 2020