ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

HAKUOH_DigitalBook

法学部のゼミナール1・2年次基礎ゼミナール基礎ゼミナールⅠ(スタートアップゼミ)基礎ゼミナールⅠ(ステップアップゼミ)3・4年次専門ゼミナール専門ゼミナールⅠ専門ゼミナールⅡ経営学部経営学科上限20名の少人数で、教員によるきめ細かな指導のもと、大学で法学を学ぶうえで基礎となる、「調べる」「書く」「発表する」などのスタディ・スキルを身につけます。また研究の基礎に触れ、自主的に学び、問題を解決していく能力を養います。これまで学んだ法学の知識をベースに、興味を持った法律の分野で、専任教員の指導を受けながら自ら見つけたテーマで研究に取り組みます。教員、学生同士が深く関わり合う小規模なゼミナールならではの環境のもと、実践的な研究能力を高めます。基礎ゼミナールPICK UP!法学部生として学ぶための基礎となるスキルと考え方を習得【基礎ゼミナールⅠ】蓮田哲也准教授法学部法律学科他者の評価で自己認識を深め学修スキルを高めていく1・2年次を対象にした基礎ゼミナールは、大学での学び方を身につけることを目的としています。民法や刑法などそれぞれ専門分野を持つ教員が担当し、学生は興味ある分野を選択して法律の基本を学びながら、法学部の勉強や議論の前提となる実践的なスキルを磨きます。民法を専門とする蓮田准教授の基礎ゼミナールは、少人数クラスの特色を生かした、他の学生からの評価を重視する授業が特長です。学生が自己認識を深めながら、法律を学ぶ上で必要なスタディ・スキルである“読む・聞く・話す・書く”力を伸ばしていくことを大きなねらいとしています。「取り組みのひとつとしては、私の講義で各自がとったノートを学生同士で互いに見せあい、評価しあうというものがあります」と蓮田准教授。「他のゼミ生と意見交換をしていく中で、自分の学習方法の利点と欠点を見出し、利点を伸ばし、欠点は他のゼミ生の利点を取り込むことで、これまでの学習方法の改善を図ることができます。また、他者の意見を聞くことによって、自らの思考に固執することなく、柔軟な思考を身につけることも、ゼミを通して学生たちに学んでほしい力だと考えています」法律を通して将来につながる論理的思考力を磨こう法律を学んでいくうえで重要な“考え方”についても、ゼミでは民法に関わる身近な問題からその一歩を踏み出します。「たとえば夫婦別姓に賛成か、反対か。さまざまな意見があり、どちらが正解という答えはありません。その中で自分の意見、考え方を主張していくためにはどうしたらよいか。論点をどのように組み立てていけば矛盾なく説明できるかを考えなければなりません。そうした考え方を身につけることこそが、法学部で学ぶことの意義なのです」講義を通して論理的に考える思考や、さらに条文を読む力、判例や資料を集め、自ら考え、行動するといった、能動的に学ぶ姿勢を培います。「将来、公務員や法に関わる仕事だけでなく、民間の企業で働くうえでも、こうした論理思考や法的な良識は多くの場面で生かされる力になります。法学部で習得した知識や経験を生かし、現代に求められる多様性を受け入れつつも、自ら心を持った人として活躍してほしい」と蓮田准教授。法学部での4年間をより実りあるものとするために、基礎ゼミナールでの土台作りの時間を大切にしてほしいと考えています。教育学部発達科学科HAKUOH UNIVERSITY 202027