ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

白鴎大学2019 大学案内

法学部法律学科■行政コース■市民コース公務員になる国家公務員や地方公務員など行政に関わる仕事では、さまざまな法律の知識が求められます。憲法・民法・刑法など、行政で働く上で基本となる法律や、行政法や税法、福祉論など現場で生かせる実践的な知識を幅広く修得します。公務員をめざす場合、これらの科目を中心に履修することは公務員試験対策にもつながります。めざす将来○国家公務員○都道府県・市町村の地方公務員○警察官・消防官、政策系のシンクタンクの研究員○公共政策に関わるNPO法人○政党・政治組織のスタッフ・秘書などわたしの時間割(モデルケース)市役所で働く夢をか公務員なえるため、公務員(地方公務員)試験対策講座を受をめざす講。インターンシップAさんの場合にも参加。公務員試験に合格する力と就職後の現場での対応・実践力と、幅広い知識を身につけるための科目を選択。(3年次)19:00?10:30mon tue wed thu fri前期地方行政論法職演習(私法1)政策学Ⅱ後期ミクロ経済学商取引法前期政策学Ⅱ法職演習(数的処理基礎)210:50?12:20後期地域福祉論会社法前期専門ゼミナールⅠ地方行政論法社会学313:00?14:30後期日本政治史日本政治史専門ゼミナールⅠ前期税法税法法社会学414:50?16:20後期会社法前期516:40?18:10後期法職演習(公法2)学びのSTEPSTEP1 STEP2 STEP3(1年次)(2年次)(3・4年次)基礎科目を学び、法律学の考え方、学生としての教養を身につける試験を見据えて、公務員に必要な知識の理解を深める国家公務員や地方公務員に必要な知識を修得。日本の政治史や、地方の行政を学ぶことで応用力を身につける科目例科目例科目例【教養科目】【専門選択科目】「憲法Ⅱ(統治)」【外国語】「刑法Ⅰ(総論)」「民法Ⅵ(親族)」【専門必修科目】「マクロ経済学」「憲法Ⅰ(総論・人権)」「財政学」「民事法概論」「基礎ゼミナールⅠ」「民法Ⅰ(総則)」「刑事法概論」【教養科目】【専門選択科目】「行政法Ⅰ」【外国語】「民法Ⅲ(担保物権)」「民法Ⅴ(債権各論)」【専門必修科目】「商法総論」「民法Ⅱ(物権総論)」「政策学Ⅰ(総論)」「民法Ⅳ(債権総論)」「行政学」「ミクロ経済学」【専門選択科目】「法社会学」「行政法Ⅱ」「商取引法」「会社法」「政策学Ⅱ(各論)」「社会保障法」「税法」「地方行政論」「地域福祉論」「地域社会論」「法職演習」「専門ゼミナールⅠ・Ⅱ」「政策学Ⅰ(総論)」「民法Ⅵ(親族)」24HAKUOH UNIVERSITY 2019