ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

HAKUOH_DigitalBook

学びのTOPICS今は、人・物・資本・情報など経営資源が国境を越える時代です。海外の市場を開拓し、新しいビジネスを創造できる人材を育成する経営学部の取り組みをご紹介します。資格取得支援とキャリア教育の充実で就職に強い学生を育成する正課授業に試験対策を導入経営学部では、就職活動において企業から評価される人材育成に力を注いでいます。特に企業から高い評価が得られる資格や技能を取得することを目標として、正課授業に対策講座の科目を導入しています。簿記では『日商簿記2級・3級』の合格をめざして「会計学」「簿記論」に加え「簿記検定対策講座」が設置されています。コンピュータの基本的な技能を証明する『MOS』では「経営情報科学」と「MOS対策講座」があります。多くの企業が採用時に語学力を問う指標とする『TOEIC R』では、「(必修)英語」と選択科目「TOEIC RⅠ.Ⅱ」で実践的な指導を行っています。またWEB講座を希望する学生は白?生特別割引料金で受講でき、パソコンを完備したWEB講座勉強室も用意されています。なお「2年次までの取得をめざしたい資格」を取得した場合には、後期学業特待生の選考時に優遇措置がとられています。税理士、公認会計士、社会保険労務士、ファイナンシャル・プランナー、ITパスポート、TOEIC R 700点以上など、さらに高いレベルの資格取得をめざす学生の支援も行っています。2年次までの取得をめざしたい資格・日商簿記検定3級、2級・MOS検定Word、Excel、Power Point・TOEICR 400点、500点、600点経営学部生を対象とした海外留学プログラムキャリア教育とスタッフの充実学生には初年次から能動的に自分の将来や就職への意識と知識を持ち、有意義な科目選択ができるように、1年次の入門科目として「キャリアデザインⅠ」を導入。さらに「キャリアデザインⅡ~Ⅳ」「ビジネスマナーⅠ.Ⅱ」「インターンシップⅠ~Ⅲ」など、就職活動に直結する実践的な科目を設置しています。また、これらのキャリア教育と本学のキャリアサポートセンターが実施している各種就活講座と連動させて相乗効果を高めるため、経営学部ではキャリア教育の専門家を専任スタッフとして配置。キャリア教育・就職支援を充実させる体制を整えています。(P65体験談掲載)経営学部経営学科法学部法律学科提携校のひとつ、タコマコミュニティカレッジ。さまざまな国や地域から留学生を受け入れており、サポートが充実しています。■スケジュール1年次2年次留学中・ガイダンス・留学準備英語A・B履修・説明会・申し込み、留学先希望登録・留学先決定・事前指導(15回)・ガイダンス英語力を着実に伸ばす体験をサポート経営学部では、2年次後期の約3か月間、アメリカまたはカナダに短期留学するプログラムを実施しています。経営学部の学生は所属コースにかかわらず学内選考を通過すれば全員参加できます。留学先は、アメリカのタコマコミュニティカレッジ、ベルビューカレッジもしくはカナダのヴィクトリア大学。ホームステイをしながら各校の英語集中課程を受講します。プログラムが開始された2002年からこれ・留学先へ出発・ウィークリーレポートの提出留学後・帰国報告会・異文化体験プレゼンテーション・レポート提出・TOEICR集中講義・TOEICRIPテスト受験・単位認定までに911名(2018年時点)の学生が参加し、大きな成果を上げています。留学後の成果をコミュニケーション能力を幅広く評価するTOEIC Rテストで見てみると、入学時約350点のTOEIC R平均スコアが留学後約510点に上がり、800点台を取得する学生もいます。世界各国からの留学生が集まり、親交を温める絶好の機会です。文化や生活習慣の違いを体験することは大きな財産となるでしょう。800600400200留学前と留学後のTOEIC R点数比較640点475点335点留学前AさんBさんCさん留学後1年次5月3年次1月多くの学生がスコアをアップさせています225点UP865点275点UP750点680点345点UP教育学部発達科学科経営学部留学プログラム体験談語学力UPを実感留学だからこその体験が成長につながる留学先:ヴィクトリア大学峯崎和佳奈さん経営学部3年出身校:群馬県立太田女子高等学校大学入学前に経営学部生を対象とした留学プログラムがあることを知り、ぜひ参加したいと思いました。留学を希望する学生には1年次はネイティブスピーカー教員による「留学準備英語」など実践的な講義を受け、気後れせずに英語で話す自信がついてきました。留学中は他国からの留学生と一緒に講義を受けます。グループディスカッションや発表を取り入れた授業が多く、まず話す、伝えるという意識を持つことで、自然と英語が使えるようになりました。私は文部科学省主催の「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」に選ばれ、現地でボランティア活動にも取り組みました。カナダ人のホストファミリーはとても優しく、英語でのコミュニケーションを心配していた私に粘り強く理解しようと接してくれたので、日本の家族と同様に過ごせました。多くの出会いや体験を得られた、とても充実した留学生活になりました。このような留学環境から、帰国後TOEIC R 260点UPに結びつきました。HAKUOH UNIVERSITY 202019