ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

HAKUOH_DigitalBook

経営学部経営学科企業会計コース企業会計とは、企業の経済活動を認識・測定し、その結果を伝達する行為です。企業会計によってもたらされた情報により、経営者や管理者は経営管理を行い、投資家は意思決定を行います。企業会計コースでは、民間企業の経理・財務担当者として、あるいは税理士や公認会計士といった会計専門職として経済社会で広く活躍する人材の育成をめざします。めざす資格日商簿記検定、ファイナンシャル・プランニング技能士、公認会計士、税理士など企業会計領域企業の経理・財務担当者として、あるいは税理士・公認会計士として、経済社会で幅広く活躍できる人材の育成をめざします。簿記検定などの資格取得にも、充実したサポート体制が整っています。わたしの時間割(モデルケース)19:00?10:30mon tue wed thu fri税法Ⅱ外書講読Ⅰ連結会計論Ⅱ会計専門職(公認会計士・税理士)をめざすCさんの場合2年次に日商簿記検定1級を取得し、公認会計士試験合格をめざして勉強中。会社法や税法など、会計の関連領域の科目を中心に選択します。(3年次後期)210:50?12:20313:00?14:304WEB講座14:50?16:20公認会計士対策会社法Ⅱ高等簿記論ⅡインターンシップⅠ管理会計論Ⅰ管理会計論Ⅱ連結会計論ⅠWEB講座公認会計士対策キャリアデザインⅢ5WEB講座16:40?18:10公認会計士対策WEB講座公認会計士対策ゼミナールⅠ4年間の学び1年次2年次3年次4年次=課外講座将来の進路基本領域科目例「会計学」「簿記論」などさまざまな業種の記帳技術を学ぶ科目例「中級簿記論」「工業簿記論」会計専門職をめざすための前提となる会計を学ぶ科目例「中級簿記論」「工業簿記論」「財務会計論」など企業会計領域経理・財務担当者として必要とされる会計を学ぶ科目例「財務会計論」「高等簿記論Ⅰ・Ⅱ」「原価計算論Ⅰ・Ⅱ」会計専門職として必要とされる会計を学ぶ科目例「高等簿記論Ⅰ・Ⅱ」「連結会計論Ⅰ」「原価計算論Ⅰ・Ⅱ」「監査論Ⅰ」「管理会計論Ⅰ・Ⅱ」など会計の応用領域について学ぶ「会計情報システム論Ⅰ・Ⅱ」「管理会計論Ⅰ・Ⅱ」「経営分析論Ⅰ・Ⅱ」会計の応用・発展領域について学ぶ「会計情報システム論Ⅰ・Ⅱ」「経営分析論Ⅰ・Ⅱ」「国際会計論Ⅰ・Ⅱ」など「税務会計論Ⅰ・Ⅱ」民間企業(経理・財務担当者)会計専門職(税理士・公認会計士)TOPICS『日商簿記』資格取得に向けて課外講座を開講!主に企業の管理・運営に関する学問を学ぶ経営学部では、企業の経営内容を明らかにする簿記の知識はとても重要です。また、簿記の知識を証明する日本商工会議所主催の簿記検定試験(日商簿記)は、就職の際に企業が学生に求める資格として高く評価されています。そこで本学部では、在学中に日商簿記2級・3級の資格を取得することを推奨し、そのための学びの環境を整えています。資格の学校であるネットスクールと大学が提携し、課外講座として『日商簿記3級WEB講座』が開講されています。この講座はWEB配信されるため、パソコンやスマートフォンを使い、いつでもどこでも受講することができます。授業の合間や休日など、自由な時間を活用して、好きなペースで学べることも大きな魅力です。費用はテキスト代のみで受講料は無料です。入学後の4月から勉強を始めれば、6月に行われる日商簿記3級の受験にも十分に間に合います。また、3級をすでに取得している学生には、さらに上級の講座も用意されています。14HAKUOH UNIVERSITY 2020